太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年06月16日

196 八島神社の衝撃 “山鹿市千田聖母宮摂社の八島神社”

196 八島神社の衝撃 “山鹿市千田聖母宮摂社の八島神社”

20160210

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)193 突然始った熊本県での百嶋神社考古学トレッキング!で取上げた二十数名のトレッキングにおいて、最初に訪れたのが千田聖母宮でした。その聖母宮の正面に八島神社という興味深い神域があります。

ついでとばかりに、この神社を最初に訪問したのですが、今回はこの神社と言うよりも神域についてのお話です。

無題.png

@  田聖母八幡宮(山鹿市鹿央町千田) 重要過ぎるので本当の祭神については口頭で…。

A  加茂別雷神社(熊本市植木町豊田字宗像859)高速道植木インターから国道3号線山鹿方面へ1km半豊田交差点より東400m 

B  志々岐阿蘇神社(山鹿市志々岐1730

C  □□□□□(山鹿市来民) 重要過ぎるので社名については書かない方が良いでしょう。

無題.png

この神域がいつから存在したのかが良く分からないのですが、聖母宮の縁起には摂社の様な扱いで取上げられています。

 確かに八島が確認でき、トレッキングの中心人物からは“八島は大八島で列島を意味する”との、ありそうな仮説が直ちに提出されました。

こ れも奇妙な内容でなかなか解読が難しいのですが、「景行天皇が玉杵の里(玉名)より山鹿に…頭八ツの頭の亀にて…天皇を祀り熊襲退治を祈願し給う。」と は、どうも景行天皇に退治された熊襲と思わせるような書きぶりですが、これが、九州王朝による征服説話なのか、大和朝廷による九州王朝の征服説話なのかの 見当さえ着かないのです。

無題.png
まずは、地元と思われる方のブログに非常によく書かれてあるものを見つけましたのでお読みください。

八頭の亀退治の話は、八嶋八柱として祀ってあるところを見れば、先住部族と争った結果としてその霊を恐れて祀ったとも想像できる。

八 嶋八柱は、高皇産霊日神(たかみむすびのかみ)、神皇産霊日神(かみむすびのかみ)は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)=皇産霊日神(たまつめむす びのかみと同神という説もある)天地開闢のときの造化三神として最初に高天原に現れた神様、延喜式神名帳にある八座の神々という。(この段参照、HP玄松 子の記憶・生産霊神より)

徐福伝説とも関りのある神様で、徐福は3000人の技術者集団とともに日本にやってきたという。断片的に思い付きを記せば、八代妙見宮のシンボルが亀。八嶋神社地の標高が海抜30m、内田川沿いの上梶屋、下梶屋地区が海抜30mで茂賀の浦湖岸?に位置する。「八つの光が昼夜わたたず見えしに」とは製鉄所か?そこに八龍神社が鎮座する等、疑問が膨らむ。

無題.png







八 柱が気になりますが、始めの高皇産霊日神は高木大神、足皇産霊日神は不明、神皇産霊日神は博多の櫛田神社の大幡主、御食津神は伊勢の外宮の豊受大神、玉皇 産霊日神はもしかしたらヤタガラス=豊玉彦、事代主神は恵比寿、生皇産霊日神はもしかしたら生目=垂仁天皇?、大宮売神はもしかしたら金山彦?

 となりますが、これ以上は良く分かりません。

ただ、どうも九州王朝を支えた神々が並べられているようで、九州王朝が滅ぼした神々には思えません。

 少なくとも蹴破りによって茂賀浦が失われた際の八匹の亀に象徴される先住者の海人族の痕跡ではないようなのです。

これ以上の推測は無意味と言うより害悪になりますのでやめておきますが、最後に少しヒントになるものを発見した事からご紹介しておきます。

 それは「熊本県神社誌」(上米良純臣編著)です。これには、「往古この辺は茂賀浦と称する一帯の湖であったが、神功皇后朝鮮出兵の途につき香椎の宮にます(ママ)頃奇瑞あり、ここに八神を祀り戦勝を祈願せられたと伝える。」とあるのです。

 とすると、ここに祀られていた(いる)のは、近畿大和朝廷の前に九州王朝を支えた神々であり、その意味での敗惨した神々になりそうです。

 そこで神域を見ていると、注連縄が緩んでおり祠の扉が多少開いていた事から開帳させて見せて頂いたところ、中には剣唐花の神紋の描かれた服を着た神像が鎮座されていたのです。

 剣唐花は高良玉垂命の本当の神紋であり、現在の高良大社の裏紋でもある木瓜紋は本来のものではなく実は臣下である祇園社のそれなのです。

 そこまで分かると、ようやく正面の千田聖母宮との関係が見えて来たのでした。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:48| Comment(0) | 日記