太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年05月06日

伊倉030 天子宮は誰を祀るか? 030  “筑前では消された天子宮の痕跡”

伊倉030 天子宮は誰を祀るか? 030  “筑前では消された天子宮の痕跡”

20070328

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


筑前、筑後には天子宮はない。唯一の例外が、古田武彦氏が指摘された雷山の十六天子神社なのだ。と考えていました。

ところが、ネット検索を繰り返していると、まず、筑後市の水田天満宮の境内にある末社として「坂本社天子社」(これはピリオッドがなかっただけでしたが)という奇妙なものがあることを知り直ちに現地を確認したところ、謂れはないものの天子神社という名の祠があることを発見したのです。

このため、筑前、筑後にもまだあるのではないかと考え始め、本腰を入れて探し始めたのです。

毎晩地図を睨み、インター・ネットで様々な検索を試しました。すると、それほどの苦労もなく天子宮らしきもの、また、その可能性がありそうなものを見つけ出したのです。

 とりあえずそのいくつかをご紹介しましょう。

筑前で最初に検索に掛かってきたものが、旧名称で松の木天子宮という福岡市西区周船寺の神社でした。その後、雷山の十六天神の末社、分社と思えるものが西区、早良区、前原市などにあり、この中にも天子宮とかつて呼ばれたものがあることがだんだん分かってきたのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:18| Comment(0) | 日記

2016年05月07日

ビアヘロ011 北北東に進路を取れ! J 但馬から伯耆へ、鳥取県岩美町岩井温泉の御湯神社

ビアヘロ011 北北東に進路を取れ! J 但馬から伯耆へ、鳥取県岩美町岩井温泉の御湯神社

20160102

久留米地名研究会 古川 清久


帰路、9号線で兵庫県から鳥取県に入ると、そこは岩美町ですが、これも石見の国(島根県西部)の置き換えと考えれば分かり易いかもしれません。

伯耆の国の中の石見の国といったところです。当然にも、太田、大谷といった地名が拾えます。

ここに、岩井という地名があり、湯かむりの奇習の残る岩井温泉があり、三十年ほど前に某旅館に泊まった事もありますが、それ以来、この地には何度も足を向けるようになりました。

そもそも、久留米にとって岩井という地名は岩井の乱(磐井の乱)の逆賊磐井を思わせるからです。

無題.png

 さて、ここには御湯神社という非常に気になる神社があります。


カーナビ検索 鳥取県岩美郡岩美町岩井141  御湯神社

無題.png

同社参道と参拝殿


この神社が、兵庫県養父市大屋町を中心に10社ほど分布する御井神社(兵庫県養父市大屋町宮本字高尾481、豊岡市日高町土居字天神228、豊岡市宮井字大門215…)という神社群と同じ系列の神社であると気付いたのは五年ほど前でした。

勿論、そのルーツは、久留米高良山那、高良大社のお膝元、味水御井神社以外には考えようがありません。

それは、大国主命を出雲の人と考える「古事記」による近畿大和朝廷のトリックを見破らない限り不可能なのですが、大国主命は宗像大社の本当の祭神であり、九州王朝の中期を支えた重要な臣下であったあった事を知ること無くしては理解できない世界かも知れません。

無題.png

あくまでも、出雲の国は国譲りの結果移動した転勤先の様なものであり、本来の活動領域は九州だったのです。

無題.png

同社由緒書


祭神は御井神(大国主命の御子)、大己貴命(大国主命の別名)、八上姫命(御井神の母神)、猿田彦命(天孫降臨の先導役の神)とありますが、ここで、百嶋由一郎最終神代系譜をご覧いただきましょう。

関係者を出しましたので、お考えいただきたいと思います。

「古事記」でも大国主命には多くのお妃がいることになっており、それを真に受けるかはともかくとして、同社縁起によれば八上姫命と大国主命との間の御子が御井神とされています。

この八上姫命は「嫡妻の須勢理比売命を畏れた」女神とされますが、百嶋由一郎神代系譜(阿蘇ご一家)では、八上姫は市杵島姫(須勢理比売)と書かれています

少し分かり難いのですが、「古事記」は5%しか信用できないとする百嶋神社考古学としては、その「古事記」の記述そのものに引きずられる必要はありません。

御 井神の候補者を下照姫とするか、その入婿のウガヤフキアエズと考えるかはありますが、同社縁起に猿田彦が出てくる以上、百嶋先生は、猿田彦は山幸彦=彦 火々出見=ニギハヤヒとしますので、先妻の異父男子と後妻との実娘と併せ四柱が祭神とされており、整合が認められることになります。

また、境内社の藤ケ森神社の別雷神も直ぐに贈)崇神天皇=ツヌガノアラシトと丸分かりですから、阿蘇草部吉見=海幸彦系にも配慮した配神とも見えるのです。

普通は、境内社を排除された本来の神と考える事が多いのですが、この場合、むしろ勝利者側(近畿大和朝廷)への水路を開いた崇神系が敗者とは思えないため、ここでは本来の神々が近畿大和朝廷から最も遠い僻陬の地で奇跡的に残されていたと考えたいのです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


まず、御湯神社とは数多くある温泉神社の類ではないかと思われる方も多いのではないかと思います。

事実、名湯岩井温泉があるのですからもっともであり、温泉神社の祭神を五十猛=山幸彦と理解している事から縁起の猿田彦とも繋がりそうです。

ただ、養父市大屋町の御井神社との繋がりを考える方がより分り易いため、その方向で仮説を進めて行きたいと考えています。

言う、行くは「イウ」「ユウ」、「イク」「ユク」とも読み(呼び)変えられます。

こ れは、母音が連続するのを回避するために子音の「Y」音が入れられたものですが、どちらが古い形かと言えば、御井(ミイ)母音を重ねる方だと考えられそう です。その後、母音の重なりを嫌う民族、氏族の言語の支配力が高まり、御井(ミイ)から御湯(ミユ)への変化が起こったものと考えます。

無題.png

藤ケ森神社 七三桐(左)境内社(中)十字剣(右)


藤ケ森神社は、一応、縁起に従い贈)崇神天皇と見ましたが、五七、三五はともかく、七三の桐紋は古い形であり、五七ならば、贈)崇神に乗っ取られ廃された高良玉垂命かも知れないと考えましたが、決め手に欠けます。

いずれにせよ、神殿に打たれた左三つ巴=住吉の神紋は、宇佐神宮の祭神の形跡が全くない以上、九州王朝系の神社だったのではないかと考えるものです。

そう考えるのは、岩井という地名、御湯=御井という社名ばかりではなく、岩井廃寺の問題があります。

無題.png

国指定史跡完全ガイドの解説いわいはいじとうあと【岩井廃寺塔跡】

鳥取県岩美郡岩美町岩井にある塔跡。蒲生川右岸の山裾に位置する白鳳(はくほう)期創建の廃寺塔跡である。旧岩井小学校の玄関前には巨大な凝灰岩製の心礎が残っており、地元の人たちはそれを「鬼の碗(わん)」と呼んでいる。これは三重塔の心礎で、長径3.64m、上面に11.4mの正方形の柱座がつくられ、その中央に直径77.5cmの柱孔があり、柱孔の底には直径20cmの舎利孔がうがたれている。この大きさから、塔の高さは31mにもおよぶと推定される。また、付近からは蓮華文の軒丸瓦(のきまるがわら)と布目瓦が出土している。塔心礎を中心に塔跡が、1931年(昭和6)に国の史跡に指定された。1985年(昭和60)に発掘調査が行われ、伽藍(がらん)の配置などの詳細は不明だが、金堂と法起寺(ほっきじ)伽藍配置の寺があったと考えられている。平安時代に当寺から移されたとされる木造薬師如来立像重要文化財)が、岐阜県延算寺にある。JR山陰本線岩美駅から日交バス「岩井温泉」下車、徒歩約10分。

「コトバンク」による


鳥取県(伯耆、因幡)には、淀江、岩井など白鳳期とされる多くの廃寺が確認されていることから、九州年号の「白鳳」期には既に九州王朝がここまで進出し、版図としていた!と、考えています。

それを今に伝えるかのように城之崎温泉のある豊岡市には今津、養父市には朝倉、小佐(日佐)…といった北部九州の地名が大量に拾えるのです。

そもそも、この岩美町の隣の兵庫県新温泉町には、二日市温泉、七釜温泉、赤崎、前原神社、香椎神社と九州の地名や九州の地名を残した神社が拾えるのですから。

無題.png

兵庫県養父市大屋町の御井神社


兵庫県の但馬地方に御井神社があります。

この但馬という地名も宗像大社の大字田島の地名移動であることは、まず、間違いないでしょう。

神額に式内「御井神社」と書かれています。ただ、この神社がある場所をお分かりになる方はまずいないのではないでしょうか。

兵庫県の日本海側、但馬の国は養父市大屋町という奥まった山村です。

 この神社は旧養父郡内に相当数あり、大屋町という名の通り、中心的神社のようです。

この他にも、広く山陰一帯に美伊神社(余部)、御湯神社、(鳥取県岩井廃寺跡、岩井温泉)三井神社…といったものが分布しているのです。

 さて、九州王朝論者にとって「御井」と聞いて頭に浮かぶのは、公開講座が行なわれている久留米大学御井キャンパスの「御井」であり、近江八景「三井の鐘」の三井寺ですが、この三井寺さえも高良大社の麓、天台宗の古刹御井寺が移動したのではないかと考えています。

九州王朝の近江遷都が取り沙汰される中、但馬の御井神社が九州王朝と全く関係がないとは考え難いように思えます。

 そもそも、久留米市の目と鼻の先、佐賀県鳥栖市の中心部に養父町があり(明治には養父郡養父町)、現在でも旧三根、養父、基肄の三郡をもって成立した三養基郡が残っているのです。

そして、但馬が宗像大社の大字田島からの地名移動と分れば、志賀直哉の「城之崎にて」の城之崎温泉さえも、基山の一帯の人々の移動であり、それを支えたのが宗像の海人族ではなかったかと考えられるのです。

「ひぼろぎ逍遥」054 但馬の御井神社とは何か 以下をお読みください。


 この但馬地方に北部九州の地名が確認できるという事と御井神社の存在を中心に、故百嶋由一郎氏は“九州王朝が滅んだ後、かなりの人々が対馬海流に乗って日本海沿岸を北上し但馬に入っている。

 そして、それを援助したのが橘一族であった様だ…“といった話をされていました。

 考えれば、船以外に大量の兵員、物資輸送ができなかった古代において、但馬から男鹿半島、十三湊…は、奈良、大阪からは、九州より遥かに遠い避退するには最適の領域だったはずなのです。

 百嶋先生は、御井神社の事しか言われていませんでしたが、但馬の神社調査も頻繁に行われていた様で、多くの神社の祭神、摂社の配神からどのような氏族が入っているかを十分にお分かりだったようです。

 当方も遅れ馳せながら、但馬に二つの若宮神社を発見し、高良玉垂命の御子を祀っているものと考えており、今後、調査を進めたいと考えています。

 この九州王朝崩壊後の但馬以北への避退というテーマは、地名、言語、神社、廃寺…などを持って蘇らせることはある程度可能ではないかと考えています。

 既に、「数年前に九州王朝は但馬に避退した!」というテーマで長文を書いては見たのですが、まだ、納得が行かないため、地名研究会のHPにも、また、「ひぼろぎ逍遥」、「ひぼろぎ逍遥」(跡宮)の二本のブログとしてもオンエアしていません。

 いずれ、整理した上で公開したいと考えています。

それまでの間、興味をお持ちの方、特に九州の方には、但馬と筑前、豊前、肥前の地名に多くの対応が認められることを検証されては如何でしょう。 
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 14:35| Comment(0) | 日記

2016年05月09日

ビアヘロ012 北北東に進路を取れ! K 伯耆岩美から石見の石見へ、島根県太田市の物部神社

ビアヘロ012 北北東に進路を取れ! K 伯耆岩美から石見の石見へ、島根県太田市の物部神社

20160102

久留米地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


石見は太田の物部神社と言えば、戦艦石見が頭に浮かんできます。正確に言えば、巡洋戦艦か一等戦艦と呼ぶべきかも知れません。

その手の話は当ブログの任務ではありませんが、物部神社の主祭神である宇摩志麻遅命(ウマシマジ)が、戦艦石見の艦橋に飾る?祀られていたからであり、関係なしとは言えないのです。


石見(いわみ)は、かつて大日本帝国海軍に所属した前弩級戦艦である。艦名は現島根県西部にあった日本の旧国名石見国」に由来する。…

…本艦の前身はロシア帝国海軍ボロジノ級戦艦オリョール(Орёл)」で、同国海軍の最新・最大の主力艦であった。バルチック艦隊の主力として日本海海戦に参加したが大破の末に降伏、日本海軍に鹵獲された。鹵獲時の本艦の浸水は酷く、日本海軍は1905530日に舞鶴海軍工廠へ回航させて応急修理を行いつつ本艦を6月に一等戦艦「石見」と改名した。その後、7月末から190711月にかけて呉海軍工廠で本格的な大修理と戦訓に基づいた改装を行い、190811月に艦隊へ編入させた艦である。

無題.png

ボロジノ級戦艦3番艦として起工され竣工後すぐに第2太平洋艦隊(日本側の通称ではバルチック艦隊)に編入される。日本海海戦に参戦し19055月28に大破状態で降伏した。他の鹵獲艦は佐世保港に回航されるが、損傷の激しい本艦のみが舞鶴港に回航され応急修理が施されることになった。6月6付けで日本艦隊に編入され、「石見」と命名し一等戦艦に類別されたが1212日には等級が廃止され戦艦となった。本艦の守護神として島根県大田市にある物部神社 (大田市)から宇摩志麻遅命の神像が奉られていた。この神像は後に物部神社へ奉納された。     


ウィキペディア」20160102 2300による

冒頭から話が横道にそれましたが、今回は島根県太田市の物部神社のお話です。

 実は、頻繁に山陰に入っていながら、いつでも行けるとばかりに前を通過するだけで、参拝した事がない神社でした。

 今回、帰路でも帰り着くだけという開放感から、多少重苦しいテーマである物部神社に足を向ける事にしました。

 重苦しいと書いた理由は、まだ、物部氏の実体がつかめていないからなのです。

勿論、物部氏とは多くの民族、氏族の融合体による職能集団の総称であり、この物部神社も必ずしも全体ではなく、一部だと思えるのです。

 スサノウ系、ニギハヤヒ系、阿蘇系、橘氏、紀氏、では、大国主系はどうなのか?

もしかしたら大幡主、ヤタガラス系もあり得ない話でもないのです。

無題.png

御祭神宇摩志麻遅命は、物部氏の御祖神として知られております。御祭神の父神である饒速日命は十種神宝を奉じ、天磐舟に乗って大和国哮峯に天降り、御炊屋姫命を娶られ御祭神を生まれました。御祭神は父神の遺業を継いで国土開拓に尽くされました。

神武天皇御東遷のとき、忠誠を尽くされましたので天皇より神剣韴霊剣を賜りました。また、神武天皇御即位のとき、御祭神は五十串を樹て、韴霊剣・十種神宝を奉斎して天皇のために鎮魂宝寿を祈願されました。(鎮魂祭の起源)

その後、御祭神は天香具山命と共に物部の兵を卒いて尾張・美濃・ 越国を平定され、天香具山命は新潟県の弥彦神社に鎮座されました。御祭神はさらに播磨・丹波を経て石見国に入り、都留夫・忍原・於爾・曽保里の兇賊を平定 し、厳瓮を据え、天神を奉斎され(一瓶社の起源)、安の国(安濃郡名の起源)とされました。

次いで、御祭神は鶴に乗り鶴降山に降りられ国見をして、八百山が大和の天香具山ににていることから、この八百山の麓に宮居を築かれました。(折居田の起源)


同社HPによる

無題.png
無題.png
無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:36| Comment(0) | 日記