太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年05月06日

伊倉024 天子宮は誰を祀るか? 024  “愛知の天子(アマコ)神社は天子宮か?”

伊倉024 天子宮は誰を祀るか? 024  “愛知の天子(アマコ)神社は天子宮か?”

20070328

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


愛 知県刈谷市に天子(アマコ)神社があります。さすがに遠方のために単独での調査はなかなかできません。そこで、古田史学の会の事務局に相談したところ、古 田史学の会(東海)に協力を要請して頂いたようです。二日後にはメールによる初期的調査報告を頂きました。さすがは全国組織と感心したものです。
 まず、その概略をご紹介しましょう。  

刈谷市の天子神社は「あまこ」と呼ばれています。

無題.png

以下は東海の会の林俊彦氏から事務局長の古賀達也氏へのメールです。


とりあえず現地に行ってみました。神主さんや地元の人には会えませんでした。「由緒書」は以下のとおりです。

鎮座地=刈谷市小山町六丁目七拾壱番地
神社名=天子神社(あまこじんじゃ)
祭神=少彦名命(すくなひこなのみこと)大国主命と兄弟相和して国土経営にあたられ、才知・健康・産業を守られる神で 特に医療・温泉・醸造・農業方面の信仰を司る。
由緒=後奈良天皇天文二十一年八月十五日(昭和五十六年より四百三十年前)に伊勢国住人小山太郎・加藤藤麿等と共に来住し先ず正殿を創立、 爾来当地の氏神として奉齋し天子大明神と崇める。是れ小山村の総鎮守にして 初め小山は小池村と称したが神徳日に盛んにして小山太郎の子孫二宮氏繁栄し  小池を改め小山と称した。国内神明帳所載の小山天神は当社である 明治維新の際天子をテンシと音読し 誤って八幡宮と改められ後再び訂正された 明治五年 村社に列せられ 同四十年神祇幣帛料供進神社に指定せられ 昭和二十一年制度改訂により神社本庁に所属。
境内末社=稲荷社・山神社
祭祀=九月末日曜日 例大祭 十二月九日新嘗祭、一月一日新年祭、三月九日祈念祭、毎月九日月次祭
境内面積=八百四十六坪
氏子戸数=二、二二三戸(明治六年二五一戸)
その他=当社の境内は愛知県指定の文化財にして刈谷西部の縄文遺跡である。また社前の椋は鎮座記念の伝えある刈谷市文化財である。 以上
 神社の創立はたてまえとしては天文21年(1552)で戦国時代末期でしかありませんが、境内内外は縄文時代後期の代表的遺跡が広がっており興味深いところです。
9月9日が東海の会の例会ですので、呼びかけてみます。私自身も関心を持ちましたので、もっと調べてみます。

古田史学の会・東海 林 俊彦

いずれ、東海の会から調査結果が送られてくることでしょう。果報は寝て待てですね。


天子神社 カーナビ検索 愛知県刈谷市小山町6丁目71天子神社

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:55| Comment(0) | 日記

伊倉025 天子宮は誰を祀るか? 025 

伊倉025 天子宮は誰を祀るか? 025  “福岡県筑後市水田天満宮の天子神社”

20070328

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


福岡県筑後市といえば、九州王朝論の展開により新たに想定されている久留米市南部、三潴の皇都(筑後遷都説)/“大王は神にし座せば水鳥のすだく水沼を皇都となしつ”(『万葉集』)に接続する隣市ですが、太宰府天満宮に並ぶと称せられる水田天満宮があることで九州王朝論者の間ではかなり知られているところです。

もちろん、水田という地名のとおり、この地は広く平らな農地が広がる穀倉地帯です。そして、その中心にこの神社があるのです。ここは太宰府天満宮の荘園があったところですが、同社の由緒書きにもそのように書かれています。


御祭神 菅原道真公 由緒沿革

鎌 倉時代の嘉禄二年(一二二六年)に菅原長者大蔵卿為長朝臣が後堀川天皇の勅命により建立し、明治維新までは後堀川天皇勅願所の提灯が御本殿の左右に灯され ました。・・・中略・・・水田天満宮は、大宰府天満宮と御縁深く、菅原道真公の御霊魂を祀り、太宰府天満宮の重要な荘園「水田の荘」の守護神でありまし た。・・・中略・・・水田天満宮は太宰府天満宮に次ぐ九州二大天満宮として人々の信仰は極めて篤く、その伝統を守り続けています。

境内末社

恋木神社、靖国神社、日吉神社、玉垂命神社、稲荷神社、今宮社、今尾社、若宮社藤太夫社、菅公御子社、坂本社天子社、八十御霊社、広門社、荒人社、八幡神社、素盞鳴神社、月読神社、屋須田神社、下宮御旅所


(恋木神社以下の□の表示は古川が付したものです。この五社は改めて九州王朝との関係を思わせますね。)


インターネット上には“”がなく坂本社天子社と 出ていました。付近には坂本地名がないため何の事だか全く理解できずに現地を確認しに行ったのですが、やはり坂本社と天子社は別のものでした。宮司のお話 によると「坂本社は静岡県から持ち込まれた大山祇神社である」とのことでした。また、予想していたとおりですが「天子社については一切分からない」ようで す。この分からないということも一つの情報なのです。

また、由緒沿革では天子社とありますが、社殿裏の祠には天子神社、祭神天子神とあります。そろそろ、天子宮、天子社、天子神社の呼称の差も何か法則性があるのではないかと意識し始めているところです。

水田天満宮 カーナビ検索福岡県筑後市水田56 пF0942-53-8625


  追記 境内摂社の 坂本社については宮司にお尋ねしても意味が分からないとされていましたが、久留米市山川町の皇子神社の摂社坂本社であることが、現在では良く分かります。20160325

無題.png
無題.png

ここでは、今まで筑前と筑後では確認できないと考えていた天子宮が存在していたことを報告しておきます(二〇〇七年八月二六日午前)。

仮 に天子宮が九州王朝の天子を祀るものとして、その中心地である筑前、筑後の領域に存在しないことこそが逆の証明とも言えそうです。ではその存在を消し去っ たのは白村江の敗戦後の唐占領軍なのか、その後の大和朝廷なのか、一切手がかりがないため、未だに何も分かりません。しかし、何事についても完全に消し去 る事は不可能なのであり、やはり、何らかの形で継承されてきたのであることが想像できるのです。

私 には筑後川北岸の北野天満宮も重要に思えるだけに、「九州二大天満宮」との表現はそれだけで九州王朝の二都制(太宰府、久留米)と絡み極めてリアルに思え るのですがどうでしょうか。なお、九州王朝の二都制、筑後遷都については古田史学の会のホーム・ページ「新古代学の扉」をご覧下さい。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:59| Comment(0) | 日記

伊倉026 天子宮は誰を祀るか?026 “福岡市西区周船寺の伊覩(イカン)神社は天子宮か”

伊倉026 天子宮は誰を祀るか?026 “福岡市西区周船寺の伊覩(イカン)神社は天子宮か”

20070328

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


JR筑肥線といえば、玄海灘沿いに博多から唐津に向かう単線ですが、福岡市西区に周船寺駅があります。この海側に伊覩神社があります。


無題.png

西区のネット上に出てくる資料(福岡市の作成でしょう)によると、


伊覩(イカン)神社

も とは主船司神社といいます。創建の時期は不明です。江戸時代前期の神社名は、松の木天子社で、その後松ノ木天神となり、伊覩神社となったといわれます。周 船寺という地名は、一説によると、奈良時代太宰府政庁の時代に船を司る役所(主船司)があったことに由来するといわれています。


とあります。

 もちろん、主船司神社が松ノ木天子社と名を変えた時期が分かる訳ではありませんが、恐らく天子社が天神と名称を変えたという記録があったのでしょう。してみると、予想されたことではありますが、多くの天神社の中にも天子社が埋もれている可能性が出てきたのです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:05| Comment(0) | 日記