太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年02月21日

伊倉017 天子宮は誰を祀るか? 017 “鹿児島県内之浦町の天子地名について”

伊倉017 天子宮は誰を祀るか? 017鹿児島県内之浦町の天子地名について

20080408

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


鹿児島県の内之浦といえば種子島と並ぶロケット発射基地のあるところとして有名な町ですが、この地にも天子地名と考えられるものがあります。

 まず、内之浦にも、景行天皇が周防から豊前、豊後、日向を経てこの地に至り高屋の宮に入ったとする伝承があります。景行天皇伝承については古田武彦氏による論証がありますので省略しますが(『失われた九州王朝』『盗まれた神話』を参照のこと)、景行一行は海から内之浦南方の川原瀬に上陸し、その場所が今でも御着が瀬と呼ばれているというのです。また、北方(キタカタ)の高屋(タカヤ)神社の東に天子山があり(同社の直ぐ傍の小丘なのですが)、そこに高屋宮があり、一泊した場所が小田という集落だったというのです。

 話としてはたったこれだけですが、これをこれまで取上げてきた天子地名であるかどうかということについては今後の問題とします。

 ただ、この天子山という地名が残る内之浦には、高屋、小田という地名があるだけに、やはり有明海沿岸に残る天子宮と関係があるのではないかと思ってしまいます。なぜならば、現在、石上神社(奈良県)に収められている七支刀(百済の太子貴須が倭王旨に贈ったナナサヤノタチ)を持った神体が祭られているのが、福岡県瀬高町の太神長嶋の高屋の宮であり、現在、佐賀県江北町の天子宮が在る場所が小田であり、磐井の乱で有名な八女の岩戸山古墳のある福岡県八女市の八女インターの南三キロにも小田(旧瀬高町)という地名があるからです。

また、私は有明海という呼称は明治も末期からの比較的新しい地名と考えていますが(別稿「有明海」はなかったを参照されたし)、江戸期にも有明潟という名称は存在している事から、この志布志、内之浦の沖に広がる有明湾も有明海ではなく有明潟、有明沖と呼ばれた海、つまり現在の有明海となんらかの関係があるのではないかと考えています。

当然の事ながら、今後の作業としては、地元の伝承の収集、現地踏査、古文書の調査などが必要になります。ただ、実質的には大阪よりも遠い内之浦の調査は大変です。事実、私自身も十五年ほど前にサーフのキス釣りに一度訪れただけであり、時間、費用はもとより多大な労力を要します。鹿児島在住の会員でもおられてご協力が頂ければと思うこの頃です。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:45| Comment(0) | 日記

伊倉018 天子宮は誰を祀るか? 018 “宝満山の天子社は見つからなかった”

伊倉018 天子宮は誰を祀るか?018 “宝満山の天子社は見つからなかった”

20080408

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


太宰府市の宝満山の中腹に竈(カマド)神社があります。

縁結びの神社としても、また、近年その麓に九州国立博物館が造られたことからも参詣する人が増えているようです。

この神社の付近に天子社があるという登山愛好家の書き込みがネット上に拾えますので、何のあてもなく現地を踏みました。

祭神は、玉依姫、応神天皇、神功皇后とされ、その末社は筑前、筑後にとどまらず、かなり広範な分布を見せています。

我々、九州王朝説を確信するものにとって、この領域はまさしく王都の後背地ともいうべきところです。

何かあるのではないかと胸が高ぶったのですが、神官に聴こうが掃除係りのご老人に聴こうが何の手がかりも得られません。ネット上の話ではそれほど離れた場所といった表現でもないようですが、地元の郷土史家や登山グループなどに知己でも得なければおいそれとは分からないということだけははっきりしました。

もっとも、歴史を捏造し尽くし、いわば偽書でしかない「記」「紀」を仕立て上げたような連中が、この九州王朝の懐深い場所にその痕跡を残しておくなどありえないのであって、むしろ、無い方がよほど真実に近いのかも知れません。

ただ、竈神社から一キロ余奥に入った御笠(「・・・御笠の山に出でし月かも」を体現する集落があるのです)に近い北谷地区にある門神社(宝満神社)にこそ何かあるのではとさらに足を延ばしたのですが、単に散策したにとどまりました。ともあれ、この神社は手入れが非常に行き届き、住民の信仰の深さに古代を垣間見た思いがしました。

この宝満山の西の中腹には、宰府、太宰府、内山(竈神社がある)、御笠(当然にも御笠という集落はこの中にあります)、北谷(門神社がある)といった大字もあり、かつて、天子も散策したのではと思うものです。

ともあれ、竈神社付近の天子社(天子宮、天子神社・・・)について情報をお持ちの方は、当方の携帯(09062983254までご一報下さい。今回は、呼びかけのためのリポートとしておきます。

最近は神社の社殿や鳥居ばかり掲載する、「神奈備」(神奈備にようこそ)「玄松子」(玄松子の記憶)といった神様関係サイトになり始めたようにも思えます。ただ、「天子宮」は当方の専売特許であって、天子のお札でも出したいところですね。

無題.png
無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:48| Comment(0) | 日記

伊倉019 天子宮は誰を祀るか? 019 “鹿児島県大崎町の天子地名と二つの古墳”

伊倉019 天子宮は誰を祀るか?019 “鹿児島県大崎町の天子地名と二つの古墳”

20080408

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


鹿児島県の志布志湾の西岸に大崎町があります。この中心地である大崎町役場の北側には飯隅古墳群があり、南側には横瀬古墳があります。どうも海に向かう砂地の小丘に多くの古墳があるようなのですが、この古墳群の中に天子丘と呼ばれる一角があるようなのです。

事実、天子ケ丘前方後円墳、天子ノ前地下式土擴と呼ばれるものがあります。地下式土擴とは隼人の墳墓の墓制のようですが、穴掘り考古学については門外漢ですので、ここでは、天子丘、もしくは天子と呼ばれる一角があることを確認するだけにとどめます。いずれ、現地踏査の上で再度報告したいと考えています。志布志湾一帯は西都原古墳群を筆頭とする宮崎県南部と並び機内式高塚古墳の集中するところですが、大和王権による占領、支配の拠点となった場所である事が想像されます。

ただ、中村明蔵氏の『隼人の古代史』を読むと、『延喜式』の時代(一〇世紀)においても、薩摩半島、大隈半島の一帯には伝馬制、古代官道が及んでいないことが伺え、なお、熊襲の勢力が色濃く残っていたのではないかと思われるのです。このことから、この地の天子地名や天子神社の存在は、九州王朝最末期の抵抗派の終焉の地を意味しているのではないかとも思えるのですが、無論、思考の冒険であることは言うまでもありません。


駅家をつなぐ官道は、隣接する各国の国府の間を最短行程で結ぶので、直線的で幅員も一〇メートル前後の例が、最近になって各所で検出されているが、大隈・薩摩両国では確実視される官道はいまだ見つかっていない。

『隼人の古代史』中村明蔵(平凡社新書)による

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:50| Comment(0) | 日記