太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2016年02月02日

伊倉014 天子宮は誰を祀るか? 014 “『倭国史談』平野雅曠に登場する天子宮”

伊倉014 天子宮は誰を祀るか? 014 “『倭国史談』平野雅曠に登場する天子宮”

20071206

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


数年前にお亡くなりなられましたが、熊本に平野雅曠という古代史家がおられました。私が古田史学の会に入会したのは最近ですので、残念ながら一面識もないままでした。

『九州王朝の周辺』『九州年号の周辺』『火ノ国山門』・・・といった水準の高い著作を残されていますが、九州王朝論に立った研究者であり、古田史学の会、九州古代史の会の会員でもあられました。

氏が熊本在住であることから天子宮にふれておられる可能性があると思い、インター・ネット古書店で探し出して数冊の著作を手に入れ読んでいました。

この中に二〇〇〇年に出版された『倭国史談』がありますが、ここにも天子宮と思われるものが登場します。

“田迎町の「淡島さん」”がそれです。ここで熊本市田迎町の田迎神社という名の天神社の中の境内社とされていた淡島神社が新築されたことにふれられています。

平 野氏によると、この淡島さんとしては宇土市新開町の淡(粟)島神社ほか熊本県内に三十八社(『熊本県神社誌』による)が数えられ、少彦名神社、早鷹=ハヤ タカ(拝鷹・隼鷹:ハイタカ)神社外、呼称はともあれ大半は少彦名命が絡んでいますので、この中に天子宮、天子社が埋もれているのではないかと思うもので す。

無題.png

『倭国史談』

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:53| Comment(0) | 日記

伊倉015 天子宮は誰を祀るか? 015 “第13回熊本地名シンポジウムは天子宮をどのように把らえたか”

伊倉015 天子宮は誰を祀るか? 015 “第13回熊本地名シンポジウムは天子宮をどのように把らえたか”

20071206

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


熊本地名研究会といえば、泣く子も黙る民俗学者谷川健一(日本地名研究所)揮下の民間研究団体であり、私もその片隅を汚しているのですが(あくまでも当時であり、とっくの昔に脱会しています)、平成十三年に第13回熊本地名シンポジウム「神々と地名」“土着の神と招かれた神“を行なっています。

ここで、この際の資料集を読むと、討論“土着の神と招かれた神“−神々と地名−とするシンポジウムにおいて、天子宮のことにふれられています。結論から言うと納得しがたいものですが、検討したいと思います。

もとよりシンポジウムのパネリストとして天子宮にふれられたものですから、それを前提に理解して頂きたいのですが、不正確になることを承知した上で天子宮に関する部分だけを細切れにして紹介します。

恐らくシンポジウムのドキュメント(テープ起こし)と思われます。


田辺

・・・今日天子宮とその分布あたりのことも、西田さんが触れて居られたのですが、天子宮は以前佐藤さんは、あれは天子(あまご)だ、雨乞いだと言っておられ、そうすると雨乞い、龍神と繋がりそうでありまして、それに天水町の小天が、天子宮の一番中心的な宮に見えるようですけど、之は海神の信仰ではないかとも思いますし、菊水町の江田という所、現在は随分奥に入っていますが、そこに縄文の貝塚、海の貝塚があるのです。若園貝塚というのですが、そのようなことなどを考えてみますと、どうもつづらなどというのは、その豆酘と一つの流れのもので、天子、天乞、龍神といったものと結びつかないかなと、之は俄仕立ての考えですがそういうことについて、誰方か、最も否定されそうな西田さんから聞いてみましょうか。


(永留久恵氏の『天神と海神』を引用するまでもなく、豆酘(ツツ)は対馬南

端の土地のことで「多久頭魂神社」(タクツダマジンジャ)で著名:古川注)


西田

天子宮については、菊水町にもアマンコヤという山もありますし、それは天子信仰の真中にもある所ですので、天(あま)読むのもまんざらおかしくはないと思いますし、それは天子信仰の最中にもある所ですので、天(あま)と読むのもまんざらおかしくはないと思いますし、『肥後国誌』によりますと天子宮というのは、葦北郡のどこかの村だったのですが、この郡に天子宮がたくさんあると、一ケ所書いてあります。記事はそこだけですが、その他に沢山あるとも書いてあります。それと球磨郡の方にもたくさん天子宮があります。海の神だから海の近く、山の神だから山の近くというのは先ず考える必要はないと思います。

神様が動く過程の中で、そういうことがあるかも知れませんが、私自身は海の神とは考えては居りません。普通のやっぱり自然神である天神に近いところではないかなと思います。一応小天の場合は少名毘古那神御霊の天神也と書かれています。こと玉名郡においてはそちらの方の流れが強いようです。

   佐藤

   私も思いつきで話しただけで、調べたことはありません。基本的には西田さんの話と同じです。

清田

   天子宮の御祭神少名毘古那命は、非常に小さな神で、海の向こうからやって来て、それを見つけられたのが大国主命、そして二人で国づくりをなさった。国づくりが済んだら又粟穀の先から飛んでゆかれた。帰ってゆかれたのは海、天子宮はやはり海に関係のあるのではなかろうか。之は菊池神社の初代の宮司の長田直行(なおゆき)という名前で天子宮のことを書いておられますので話しておきます。


谷川健一 日本地名研究所長・近畿大学教授(当時)

中野幡能 日本宗教学会名誉会員(当時)

西田道世 玉名市教育委員会審議員(当時)

鈴木 喬 熊本地名研究会会長・熊本城顕彰会常務理事(当時)

清田之長 熊本地名研究会(当時)

佐藤伸二 熊本地名研究会・八代工業高等専門学校教授

田邉哲夫 熊本地名研究会・玉名歴史研究会会長・玉名博物館館長(当時) 


13回熊本地名シンポジウム「神々と地名」“土着の神と招かれた神“資料集より


この間、天子宮について「伊倉」@〜N・・・として書いてきました。

始めは「天子という名称はただ事ではない」といった素朴な感覚でスタートしたのですが、天子宮に焦点を搾って見てきた者からは、正直言って引用したドキュメントには同意できません。一部にそのような要素が拾えたとしても、少なくとも、「雨乞い、龍神と繋がりそうで・・・」とか「普通のやっぱり自然神である天神に近いところではないか・・・」といったものではないように思えます。

ただ、西田氏の「『肥後国誌』によりますと天子宮というのは、葦北郡のどこかの村だったのですが、この郡に天子宮がたくさんあると、一ケ所書いてあります。記事はそこだけですが、その他に沢山あるとも書いてあります」については非常に興味があります。 

既に芦北町、津奈木町で二社を確認していますので可能性は十分にありますが、どの程度確認ができるか分かりません。今後の課題になります(『肥後国誌』はインター・ネット古書店で探し出しましたので近々入手予定です)。

私はどちらかと言うと古代史よりも民俗学に魅了されている者ですが、好意を寄せる民俗学的な手法をもってしては天子宮の起源を探るには限界があるという印象を拭い去れません。

改めて大和朝廷一元史観の愚かさを声高に叫ぶつもりはありませんが、所詮は偽書に過ぎぬ『日本書紀』をそのまま真に受けるような愚かな態度では、天子宮の背後に隠れる真実に迫る事はできないでしょう。 

これに対する鋭利なメスはやはり九州王朝論でしかなく、後追いにはなりますが、荒金卓也氏が出されている「俀国王、阿毎、字は多利思北孤、号して阿輩雞彌その人です」を軸に考えて行くことにしたいと思います。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 22:55| Comment(0) | 日記

ビアヘロ001 北北東に進路を取れ! @ 姫路市飾東町北野の高良神社

ビアヘロ001 北北東に進路を取れ! @ 姫路市飾東町北野の高良神社

20151219

久留米地名研究会(神社考古学研究班)古川  清久


「北北西に進路を取れ」は1959年製のアメリカ映画ですが、20151215日、久留米地名研究会グループの今年最後のイベントである百嶋神社考古学勉強会を終え、年明け十日ぐらいまでスケジュールの谷間ができたことから、意を決し一気に北に向かう事にしました。

研究会のスケジュールに追われ追われの毎日でしたので、気分は、まさに「北北東に進路を取れ!」なのです。

一応の目的地は安東水軍の故地十三湊辺りまでとはしましたが、如何にスタッドレス・タイヤを履かせているとは言え、雪道に不慣れな者の事、海岸沿いの神社を見ながら幹線国道(8号線)を行けるところまで行くとしました。

16日午前2時には、新たに準備された筑豊の川崎町の第3研修所(第3サティアン)を単騎出発しました。

可能な限り一般道を走るのが古川定石ですが、関門トンネルを抜け、下関から高速道路で兵庫県(播磨)の姫路東ICまで走る事にしました。

勿論、途中で短時間の車中泊をしたのですが、同日の16日午後1時頃には兵庫県の姫路市と加古川市との境辺りまで進出していました。

ホンダ・フィット・シャトルHBによる長駆遠征ですが、600キロ近くをリッター当たり26.7キロで走り抜き、2,700円の燃料代に対して高速料金6,800円(ETC料金)という高速道路公団のボッタクリ利権構造をあらためて再認識しました。

どこの国に燃料代より高速料金が高いところがあるか少しは考えて見ろ!

このようなむかむかする話は置いておいて、姫路東ICで降りた理由は、姫路市の高良神社を見るためでした(暗号「山上憶良」…高良神社リストによる)。

既に、九州はもとより、中四国の高良神社は全て実見しており、近畿圏への進出の第一歩となったのです。

ともあれ、同インターから数キロで兵庫県姫路市飾東町北野の高良神社の付近に辿り着きました。

普通、市町村境界は山深いところが多いのですが、農地はあるものの同地は都市近郊の住宅地と言った印象しかありません。

小丘陵というか里山程度の森から小河川が流れ出しており、今でもそれに沿った幅の狭い道路の周りに集落が形成されています。
無題.png

高良神社は直ぐに見つかりました。車一台がギリギリ通過できるという整備されていない道路を抜けるとイノシシ除けの柵があり、その奥が高良神社でした。

二百メートルも登ると社殿が見えてきました。入口の鳥居も神額が無くいわゆる顔の見えない神社ですが、参拝殿の中に入ると「高良大明神」と神額が掛けられており、紛れもない高良神社です。

神殿も含めて隈なく見せて頂きましたが、摂社、境内社の痕跡すらなく、これ以上探ることはできませんでした。それでも、この神社を携えて九州から一族で移動して来られた方々がおられた事は確かです。

神殿への階段の造り方、鞘殿の様式と筑後物部氏を感じさせるものはありましたが、もはや、この地区の方達も、何時の時代どのようにして筑後川流域から移動して来たかもお分かりではないと思います。

無題.png

集落に戻ると地元と思われる男の方がおられたので直ぐにお尋ねしましたが、お話によると、@この北野の集落には高良神社以外に他の神社はなくこの集落だけで祭っている。A九州に高良大社があるらしいからそこと関係があると思っている。…といった事は確認できました。

 実は、その後で、隣の市になりますが加西市坂本町に王子宮を確認しました。

 久留米市山川町坂本に高良皇子神社(王子宮+坂本宮)があります。

 これこそ、高良玉垂命の九人の皇子を祀る神社なのですが、その神社がこの高良神社のある北野と背中合わせにあるのですから、いつの時代かの特定はできませんがこの高良玉垂命の直系を奉ずる一族が入っている事が確認できたのでした。

無題.png

高良神社参道(上)同社社殿(下)

無題.png

勿論、帰りにはHP暗号「山上憶良」氏リストに在る京都府福知山市字鋳物師60-1の高良神社(厄除神社)も見たいと考えています。

無題.png

高良神社神額(上)同社氏子集落 北野地区(下)

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 23:01| Comment(0) | 日記