太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年12月01日

140 由布盆地の椎根津彦  

140由布盆地の椎根津彦  

20150809

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


宇奈岐日女神社を前の道路を南に数百メートルも降るとオウゴウ(大 禾+午)社なる奇妙な神社に遭遇します。

 目立たない神社で奇妙な名の神社だけに非常に興味をそそられますが、何とか祀られている神様の見当が付きました。

無題.png

同社の由緒を読むと、神武天皇が東征の際航路を御案内した功臣椎根、多賀社、祭神は天照大神の父伊邪那岐命 母は伊邪那美命の両親…と書かれています。

一般的にも多賀神社とは、伊邪那岐命 伊邪那美命の両神を祀るものであり、付け足したものと考えれば、この神社の祭神は「椎根」になるでしょう。

当然にも椎根津彦の事であり、この神の性格が把握できれば同社の性格が見えて来るでしょう。

無題.png

軒下の壁板をそのまま由緒書きにしたところは珍しいですが書いてあるだけでもありがたいです


椎根津彦(しいねつひこ、『日本書紀』)、槁根津彦(さおねつひこ、『古事記』)、または珍彦(うずひこ)は、記紀に登場する国つ神神武東征において登場する。倭国造(倭直部)の祖。

神武天皇が東征において速吸門で出会った国つ神で、船路の先導者となる。このとき、『日本書紀』では天皇がの棹を授けて、名を珍彦(うづひこ)から椎根津彦に改めさせたとあり、『古事記』では甲羅の上に乗っていたのを、棹をさし渡し御船に引き入れて槁根津彦の名を賜ったという。

その後、神武天皇に献策し、兄磯城を挟み撃ちにより破る。

速吸門については諸説ある。『日本書紀』では豊予海峡を指すと考えられており、大分県大分市佐賀関には、椎根津彦を祀る椎根津彦神社がある。『古事記』では吉備国児島湾口を指すと考えられる。岡山県岡山市東区水門町には、珍彦(宇豆毘古命、うづひこのみこと)の乗った大亀の化身とされる亀岩を祀る亀石神社(かめいわじんじゃ)がある。

20150809 1630 「ウィキペディア」による


豊予海峡が出てきますので、豊後に関係のある神様として創立した可能姓は否定できませんが、この一族がこの地にいた可能性は十分にあるかも知れません。

 ただ、それほど古い神様ではないのです。

 百嶋神社考古学では、神武天皇(カムヤマトレヒコイワ)による神武巡行は確かに行われたのですが、九州を越えた東征は行われていない…と考えます。

 ただし、筑豊、豊への東征は存在した可能性があり、それについては福永晋三氏が追求されています。

 その東征(日向の耳川から)は神武を僭称した藤原によって格上げされた贈)崇神天皇の事であり、その関係者(親族)が椎根津彦ではなかったかと考えるのです。

 当然ながら、贈)崇神が渡海する時に役割を果たした海士族がいたはずであり、事実、豊後には現在でも海部郡があるのです。


海部郡(あまべぐん、あまのこおり)は、かつて豊後国、大分県の中部から南部にあった郡である。現在の大分市の一部(旧佐賀関町、坂ノ市町、大在村、川添村)、臼杵市の一部(旧野津町との合併前の旧臼杵市)、津久見市の全域、佐伯市の全域に相当する。

20150809 1730 「ウィキペディア」による


阿蘇系の草部吉見と白族のお姫様の市杵島姫の間に産まれた大山咋=佐田大神と白族の豊玉彦(ヤタガラス)の子である鴨玉依姫の間に産まれたのが贈)崇神(ツヌガノアラシト)であり、その弟が倭彦=椎根津彦なのです。

神武と聞いて直ちにカムヤマトイワレヒコと考えるのは要注意ですので、皆さんも、この神武は贈)崇神ではないかと疑うようにして頂きたいと思います。

勿論、宇佐の妻垣に迎えられた神武も、贈)崇神(ツヌガノアラシト)なのです。

無題.png

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:18| Comment(0) | 日記