太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年11月20日

136 朝倉市杷木町の志波宝満宮

136 朝倉市杷木町の志波宝満宮

20150703

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png

北部九州に於いて宝満宮といえば、太宰府の宝満宮を思い浮かべる方がほとんどでしょう。

ただ、百嶋神社考古学ではそれを認めません。

百嶋先生からは、“太宰府の宝満宮は、元は修験の「宝満寺」でしかなく、本当の宝満宮は筑前山家にあります“と聴いているからです。

以下、牛島稔太さんの牛島稔太のblog民俗・古代史及び地名研究の愛好家から


宝満宮さんというのは、太宰府の北谷のもの及び現在の宝満山の宝満宮は明らかに修験道の一派の山です。そして、筑前山家に宝満宮が二つあります。ひとつは筑 紫野市に入っています。もう、ひとつは筑前町の方にあります。どちらも本物です。そして、筑前町のほうには筑紫野市のほうにないものがあります。筑前町の ほうにはこの方のことをはっきり記しています。筑紫野市にあるほうは誤魔化しています。筑前町のほうにはこの方、カム(神)玉依姫、時代が下がってカモ (鴨)玉依姫、さらに時代が下がって、そのお子さんであるハエ(活)玉依姫の3人の玉依姫が登場されます。ここで、下克上派が、この一派、この人(春日の 大神?)がそうしようと思わなくともこの人を取り巻く一派、即ち、ヘブライ人たちが偉くなりたくてしかたがなくて、嘘を書いて書いて書きまくって、オオミ ワ(大神)神社を作り上げた。さっき申し上げましたが、オオガ(大神)神社は格が高いが、オオミワ(大神)神社はぺしゃんこですよということです。筑紫野 市の宝満宮では遠慮しているこの方が筑前町の宝満宮では堂々とお出しになっている。カモ(鴨)玉依姫の最初の旦那は自分のおい、うがやふきあえずです。つ い仲良くなって自分の年下のおいの子供を生んでしまった。そしたら、周囲から反対されて、いくらなんでもまずいよということで、奈良の糸巻き神話、京都の 朱塗りの矢神話が生まれた。内容は糸巻き神話のほうは、何か変な神様がついてくるが、周囲のものはそれを心配して、神様の尻尾に紐(長い長い糸)をつけた ら神様の家がわかった。片方は、朱塗りの矢が上から流れてきた、京都の上鴨、下鴨、流れている川はなんだこれはこれでも川かというくらい、どちらも些細な 川が流れている。とにかく、いろんなことがありまして、糸巻き神話、朱塗りの矢神話が生まれました。とにかく最初の旦那であるウガヤフキアエズと別れさせ られて、あと何年か経ったあとに佐田大神というすばらしい天才が現れたのです。佐田大神はどこにおられたかというと、現在の朝倉市佐田村、その前は、宇佐 市佐田(宇佐郡佐田村)、朝倉市の次は、佐賀県の小城、そして、小城では現在の出雲の国と連絡を取り合いながら、そのあとがとてつもない働きをなさる全国 的な神様に出世されます。そして、一番若い時、まるっきり子供の時は阿蘇の国造(コクゾウ)をなさっていました。国造をクニノミヤッコなんて読んだらぺけ ですよ。コクゾウです。国造神社は阿蘇のお宮として別派をなしていらっしゃいます。本当は阿蘇の健磐龍よりもこちらのほうが上なんです。阿蘇の健磐龍はず ばりいって悪いことばっかりやっているんです。桁違いに阿蘇家よりも格式が高いのは国造神社のほうです。ところがそっちは秘密の秘密、完全に秘密化され て、その秘密化されている代表が阿蘇小国神社です。小国杉、日田杉、八女杉、とにかく小国神社は完全にフタをされています。表に出ては困る、ということで 尻尾出しておられる場所はオオミワ神社ですよ。さっきの下克上屋さんが、即ち、恵比寿さんが、全部下克上するわけにはいかんと、小国の神様は、小国両神社 は堂々たるお宮ですが、向こうのオオミワ神社では、ちょこっと真似ばかりの姿で祠ばかり作ってらっしゃいます。そんなに落ちぶれていらっしゃいます。しか し、落ちぶれたりとはいえ、日本有数の本当は有名な神です。悪いことばかりした恵比寿さんもたまにはいいことをしてらっしゃいます。ということは、自分達 の技術をその系統の佐田大神及びそのお子様に伝えて、その方々の繁栄を願っています。それは酒造法です。従って、現在のお酒の神様、たどりたどると京都の 松尾大社にたどり着きます。ところが松尾の場合、本家は佐賀です。小城の松尾山コウショウ寺というのがあります。日蓮宗の九州最高のお寺です。さて、小城 にはどえらい隠されたことがいろいろ隠れていますが、現在の筑前町に鎮座している宝満宮さんはこういうことを秘めておられます。従って、そこにいかれて、 この方に挨拶されたら喜ばれます。

無題.png

志波宝満宮縁起


志波の宝満宮の祭神である玉依姫、神功皇后、八幡宮は明らかに後で着け足したものであり、主神扱いの祭神は玉依姫ですが、これも通説に於いて神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)育ての親とされている玉依姫とすることを持ってあやかろうとしたもののようです。

問 題はこの玉依姫です。ヘブライ系白族の大幡主の子である豊玉彦=ヤタガラスと、同じくヘブライ系瀛氏の金山彦の子である櫛稲田姫(スサノウの妃)の名門同 士の間に産まれたのが大山咋(佐田大神=松尾大神=日吉神社=日枝神社=山王社)であり、そのお妃となるのが鴨玉依姫です。

その間に産まれたのが崇神天皇であり、その母親が鴨玉依姫であることから、通説の初代神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)の育ての母である所謂玉依姫に(百嶋 説では実母を神玉依姫とする)肖り、あくまでも自称ですが神武天皇(ハツクニシラススメラミコト)が神武天皇(カムヤマトイワレヒコ)を僭称、偽装してい るのです。

 従って、三神を書いたこの縁起書では真相は全く分からないのであり、この宝満宮の右手の上段に祀られている金毘羅神こそが本来の祭神=大山咋であり(その証拠に上に祀られている)、その子である贈)崇神によって支配されているのがこの宝満宮の本質と言えるでしょう。

 では金毘羅宮をご覧いただきましょう。

 面白い事に、賽銭箱にはクマカブトアラカジヒコ(大山咋)→ツヌガノアラシト(崇神)と2代続けて舵取りだった事を表すように、舵(舵輪)の様な輪宝が描かれています。

 阿羅伽耶に居た舵取りが大山咋の名の意味であり、敦賀(ツノガ)に入って来た阿羅伽耶の人(シト)が贈)崇神の意味なのです。

 さて、大山咋命は父を海幸彦(阿蘇草部吉見)、母を市杵島姫(宗像)として産まれています。

この二人は間違いなく阿羅伽耶にいたのですが、半島と列島とを頻繁に行き来していたはずであり、その基盤には恐らく宗像の海人族が関係していたはずなのです。

無題.png
無題.png

日鷲神社はヤタガラスで良いでしょう。

宇賀神社の宇賀御魂は少し難しいのですが、「古事記」ではスサノオがクシナダヒメの次に娶った神大市姫=罔象女神(「古事記」で弥都波能売神「日本書紀」)で罔象女神(ミツハノメ)=カムオオイチヒメとの間に生まれている事が正しいとすれば、百嶋神代系譜では豊受大神(伊勢神宮外宮)辛国息長大姫大目命=香春神社主祭神となります。

稲荷とされる事とも符合します。

と、ここまでは何とか分析できそうです。

宝満宮の本質は捩じ曲げられていますが、大山咋(佐田大神=松尾大神=日吉神社=日枝神社=山王社)と妃となる鴨玉依姫でなければなりません。

それが玉依姫、八幡神、神功皇后に変更されたのは宇佐神宮の威光なのでしょう。

従って、この志波の宝満宮の本質は金毘羅宮にありそうです。

金毘羅宮は何なのか分かりにくい神社で色々な神様があてられているのですが、百嶋先生は、結局、大山咋(日吉神社、日枝神社、佐田大神、松尾神社…)が祀られていると言われていました。

その方向で考えると、現地にそう遠くない場所=甘木に佐田川が流れ、松尾神社も置かれ、山田という地名まで揃っているのですから、納得が行くのです。

再度、朝倉市の佐田町(旧佐田村)へのトレッキングを計画しなければならないと考えているところです。

無題.png
posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 01:23| Comment(0) | 日記