太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2015年11月12日

134 合所ダムの上に物部氏の本家がある “福岡県うきは市新川の高御魂神社”

134 合所ダムの上に物部氏の本家がある “福岡県うきは市新川の高御魂神社”

20150703

久留米地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

無題.png

うきは市 新川 姫治の高御魂神社 カーナビ検索福岡県うきは市浮羽町新川4426


太宰府地名研究会は、2015627日、降りしきる雨の中、福岡県朝倉市杷木町の長田大塚古墳からうきは市浮羽町の高御魂神社まで1古墳+4社を巡る30人規模のトレッキングを行いました。

当初、この神社には縁起、由緒書も無いことから、初参加の方などに何のことだか見当もつかないだろうことから、雨でもあり場合によってはコースから外すつもりでした。

ただ、賀茂神社を見て解散、終了のつもりでいたのですが、皆さん(特に綾杉女史)の熱意が強く、結局はご案内することにしました。

もちろん、旧浮羽町の山中の顔の無い神社ですから、仮に皆さんが行かれたとしても、何の発見もできないことでしょう。

しかし、そのような神社だからこそ古代史を考える上では極めて重要なのです。

このうきは市一帯には、千束、千足(チツカ、センゾク…)、姫治(ヒメハル:紀氏が治めるの意味かも)、内ケ原(ウチノシコオ?)、白土(もちろん白川伯王=の系統の方々が住む土地の意味)という物部氏、白族系統の地名が拾えます。

物部氏系統の集落は意識しながら神社を廻り続けていると経験的に分かるようになってきます。

その中で付随して地域特有の地名も徐々に分かるようになってくるのですが、最近、千束も八束も銅系統の地名ではないかと考えるようになってきました。

ひもろぎ逍遥の綾杉女史と久留米地名研究会のK氏とのやりとりにも「ヒッタイトはハッティーとも言い、それがハチマンとなったという事です。」…といった風に出てきます。

“ヒッタイトはハッティー“も、それはそれで良いのですが、その八幡とは、宇佐神宮の応神天皇(ホンダワケ)の事などでは全くなく、本物の最初の八幡たる大幡主(オオハタヌシ)=櫛田神社の主祭神の事なのです。

 確かに、ハッティーとはヒッタイトの都ハッティシェリのハチであり、蜂谷、蜂矢、矢嶋、矢田…といった名の方は、元は製鉄関係ではなかったかなどと一回は考える価値があるのではないでしょうか。



Commented by くじら at 2010-10-04 07:14 x

  るなさま、いつも貴重な情報、示唆を与えてくださり、ありがとうございます。古代物部郷のひとつ浮羽物部氏の末裔の方のはなしによれば、中近東で栄華を極 めていたソロモン王国を支えていた氏族が物部氏とのことを伺いました。彼らはインド洋から東南アジアまでの海域で、ある特定の砂浜から採取した砂鉄から鉄 の精錬を行い、現地人と交易をおこない、見返りとして膨大な量の胡椒を積み込み、王国に富をもたらしたということです。これをソロモンの知恵というそうで す。糸島の弥生中期の製鉄遺跡 元岡遺跡群や、出雲の斐伊川流域 製鉄遺跡群も、あるいはそのなごりかもしれないと現在調査中です。また、世界ではじめて鉄の生産を行ったヒッタイト以前は、隕鉄を原料と為し鉄器の製造に あたっていました。そのため当時(シュメール)は鉄の価格は金の5倍、銀の40倍だったそうです。日本の古代史にオリエント文明の名残が残されている可能性は、否定できない事実かもしれないとわたしは最近では考えています。

Commented by lunabura at 2010-10-04 11:22

くじらさん、はじめまして。浮羽物部氏の情報をありがとうございます。先日くるま座さんから浮羽に物部氏の末裔がいると聞いたばかりです。もしかしたら、一緒に行かれたのですか?お話がとても分かりやすくてありがたいです。
この話と那珂川町に伝わる暦法の眞鍋家と補完し合います。ヒッタイトはハッティーとも言い、それがハチマンとなったという事です。宇佐八幡と関連します。いよいよ、古代鉄を頑張んないといけないかなあ。
宮地嶽古墳の近くの丘は鉄を採った後のカナクソで山になっているそうです。名島神社に書いていますが、三笠宮もオリエント研究に向かわれました。

「ひもろぎ逍遥」関連メールから



旧姫治村のこの神社の社家は物部の本家であることをほんの五年ほど前まで隠し続けてきました。

久留米地名研究会が活動を開始した当初、メールでのやりとりをしていたこの物部本家のS氏と研究会の事務局次長のO氏の協議の結果、双方三十人ほどで会合を持ち、千数百年の長きに亘って隠されて来た物部氏の本家である事が公開されたのでした。

その会合に参加したメンバーの一人には内倉武久氏もおられまた。私も少し遅れて参加しましたが、それ以来の訪問でした。

無題.png

「梶の葉」は、梶紋の一種で特にカジノキの葉を図案化したものをいい、梶紋にはカジノキの花を図案化した「梶の花(かじのはな)」もある。元は、コウゾの葉を図案化した「楮紋(こうぞもん)」とに区別されていたが、同様の形状のため後にまとめて梶紋とされた。

梶の葉は、の葉と同じように食器として用いられ、後に神前の供物を供えるための器として用いられたことから、神職に用いられるようになった。 文様としては、『吾妻鏡』に見る、武田信義の諏訪上宮で見たという夢の話に登場する「…梶葉文の直垂を着し、葦毛の馬に駕すの勇士一騎、…」が初見とされている。

諏訪神社が神紋として用いるほか、江戸時代には諏訪氏をはじめとして松浦氏安部氏など4家の大名と四十余家の幕臣が用いている。苗字に「梶」の字を用いる家が用いる場合もある。


平安時代末期、源氏平家追討に際して、諏訪神社上社の大祝(おおほうり) 神篤光の妻が、夫 篤光の使者として、甲斐源氏武将一条忠頼の 陣所を訪ね、篤光が源氏の武運を占うため、参籠したところ、梶葉紋をつけた葦毛の馬に乗った武士が源氏方として西を指して鞭を揚げたという夢を見たと告 げ、これひとえに諏訪大明神の示現であると伝えた。 以来、梶の葉紋は諏訪神社をはじめ信仰する氏子に広まり、神紋または家紋として浸透していった。

特に諏訪神社とその大祝である諏訪氏金刺氏は諏訪梶の葉を家紋とし、諏訪氏の庶家や氏子は立ち梶の葉、丸に立ち梶の葉、鬼梶の葉など派生紋を採用したという。鎌倉時代以降、諏訪氏が執権北条氏御内人となり、その威光を背景に諏訪神社が各地に建立され、諏訪信仰が広まる中で、梶の葉紋も広まっていった。

ウィキペディア20150703より


故谷川健一も、筑後川流域に展開していた物部氏が遠賀川流域の物部25部族になったと考えていたようですが、その本拠地が久留米市田主丸からうきは市の一帯であった事は、まず、間違いないでしょう。

まず、筑後川左岸は耳納山系を背後にしており、この姫治の下の合所ダムに沈んだ土地には30近い「ハル」「バル」地名があり、東多々良、北多々良、西多々良(南風は耳納山系により風が遮られるため)といった製鉄地名が存在しており、冬場の風に合わせ効率良く鉄が造られていた事が容易に想像できるのです。

また、物部本家とはそうした製鉄集団の長だったことも疑いようのないことなのです。

さて、同社は元妙見宮ともされていました。


高御魂神社は宇多天皇寛平7895)年、肥後国八代郡大田郷の妙見宮を、熊抱平馬太夫行定がお供してこの地へ勧請。

「文化遺産オンライン」より


八代から浮羽となると、直ぐに八代徳淵への河童渡来、その九千坊の筑後への移動と話が重なってきます。

 事実、うきは市の隣の旧田主丸町には濃厚な河童伝承が残されています。

無題.png

JR九大線田主丸駅


この八代の河童についても、故百嶋由一郎氏も最も低い階級のユダヤと考えておられたようですが、今回、この事を示唆するようなものを発見しました。

 トレッキングにおいて、神社考古学研究班のU女史が鍵の掛けられた社殿内部に神輿が置かれ、その屋根に梶の木の神紋を発見してくれたのでした(下左)。

無題.png

右は高木神社などで散見される蔦葉(夷の神紋)ですが、いずれもユダヤの燭台を表している事は多くの日ユ同祖論者が言う事であり説明は不要でしょう。

 やはりトレッキングは重要で、30人も行けば何の痕跡も無いような神社でもそれなりの発見が得られるものです。

 これで気づいたのですが、梶の木と鍛冶屋に関係があるはずなのです。

 梶の葉、梶の木が、何故、カジと呼ばれたのかも考えて見る必要があるかも知れません。

 「青銅の神の足跡」において故谷川健一が伊福部、伊福姓について詳細な古文献考察から伊福地名を製鉄地名とした事は有名ですが、姓においても同様の事が言えるのです。

 既に、この田主丸から浮羽に掛けての一帯が巨大な製鉄集団がいた事を話しましたが、この地には伊福姓の方が数多く住んでおられるのです。

  これも久留米地名研究会メンバーで平戸市にお住まいの伊福さんにお聴きした話ですが、知り合いに同姓の伊福さんがおられたことから聴いたところ、出身は 「うきは市で以前は鍛冶屋をやっていた…」とのことで、自分が鉄工所をやっている事と繋がり、自らのルーツが見えた様だと言われていたのです。


無題.png

いつもの姓名分布ランキングで確認すると、全国で200件のうち、半数が福岡県と、宮崎県に集中していることが分かります。

 その全国トップの福岡県でもうきは市が県内のトップであることが確認できるのです。

 弥生時代に鉄の欠片も出ない奈良の巻向などではない事が十分にお分かりになるでしょう。

 邪馬台国畿内説論者などという愚か者や、考古学協会の学芸員といった人々は、ほとんど物事を自分の頭で考えないS教授やK教授などに調教された人々なのでしょう。

 今回は話が散漫になりましたが、何故か、まだ、千数百年間物部の本願地である事を隠して来た一族の話を、公開されたとしても軽々に話したくないという気持ちが残っているからかもしれません。

 注目すべきは、建御名方を祀る諏訪神社が神紋として用いる事です。

建御名方は、大国主の子として軍神春日大神=健御甕槌に闘い最後まで抵抗し諏訪から出ない事を持って許された神とされます。


古事記』の葦原中国平定(国譲り)の段において、大国主神御子神として登場する。『延喜式神名帳』などには南方刀美神の表記も見られる。長野県諏訪市諏訪大社に祀られ、そこから勧請された分霊も各地に鎮座する。

神統譜について記紀神話での記述はないものの、大国主神と沼河比売(奴奈川姫)の間の御子神であるという伝承が各地に残る。妃神は八坂刀売神とされている。

建御名方神は神(じん)氏の祖神とされており、神氏の後裔である諏訪氏はじめ他田氏保科氏など諏訪神党の氏神でもある。           ウィキペディア」20150703 2130による

これは大国主系を叩くために創られた話と考えていますが、百嶋神社考古学においても、弟の建御名方も兄の事代主も大国主とは遠い姻族でしかないのです。

建御名方はどう考えても伊勢外宮(豊受大神)に近いニギハヤヒ、ウマシマジの系統なのです。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜より(一部)


さて、散漫ついでに、筑後川の対岸を見て見ましょう。

  甘木、朝倉、杷木の一帯も地名から判断すれば、基本的には大幡主のエリアなのですが、神武僭称贈)崇神の父親である大山咋=大直日=佐田大神は鴨玉依姫と この一帯で出会い、旧甘木市佐田(現朝倉市)佐田町(と言っても山の中ですが)に住み、現在の佐田川流域(筑後川右岸)で活動した事だけは間違いがないの です。

無題.png

物部とは何かを考える時、民族とは無関係の職能集団と考えれば、物部の本家と称する所から伊勢外宮系の建御名方が拾えたのですが、神武僭称贈)崇神の父親である大山咋=大直日=佐田大神と併せ考えなければならない様にも思っているところです。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:04| Comment(0) | 日記