太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログをスタートさせました。


かなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史による「ひもろぎ逍遥」は、九州大学の物理学の教授であった故真鍋大覚氏による「那の国の星・拾遺」をヒントに神功皇后を追い求めておられます。


これに対して、対向の意図は全くないのですが、当方は、かつて、草ヶ江神代史研究会を主宰されていた百嶋由一郎氏の神社考古学に基づくフィールド・ワークにより書いて行きたいと考えています。


お断りしておきますが、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。


これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象も認められます。


詳しくはユーチューブ等で永井正範氏の講演をお聴きください。


また、このブログには百嶋神社考古学を追求する他のサテライト研究会に参加されている研究者の小研究を掲載することも考えています。


最近の傾向としては後発の(跡宮)の方がより読み込まれているようです。



無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2017年12月17日

406 奥出雲の神々 14 横田の諏訪神社

406 奥出雲の神々 14 横田の諏訪神社

20170507

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 このプロジェクトを開始した時、もとより全ての神社を確認できるとは思っていませんでした。

どうやらそのケースに遭遇したようです。

 いくら探してもそれらしきものがないのです。

無題.png

カーナビで探すとこの辺りになるのですが、神社らしきもの、それらしき建物は一切ありません。


無題.png

県神社庁の資料で 諏訪神社 建御名方命仁多郡奥出雲町横田674番地 家内安全・鎮護国家・安産信仰とありますので確かに神社はあるはずなのですが、残念ながら見つけられません。

無題.png

出雲横田駅から北へ進み川の対岸の山が城山。 県道107号線と県道258号線の三ツ別れ交差点から西へ50m程進むと北へ入る車道がある(地図)。ここから北の山に進むと民家脇からさらに山へ入る林道となっており、この終点が忠魂碑のある公園になっている。

主郭へは公園入口脇の所から堀底道を登るのが本来のルートだと思われるが、諏訪神社から斜面をよじ登るほうが簡単かもしれない。


出雲・藤ヶ瀬城(城郭放浪記)

無題.png

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:43| Comment(0) | 日記

2017年12月15日

405 奥出雲の神々 13 横田の総荒神社

405 奥出雲の神々 13 横田の総荒神社

20170507

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


横田の中心地の山際の一角に総荒神社はありました。

無題.png

これがスサノウを祀る社でしょう


県神社庁の資料でも、祭神 素盞鳴尊 牛馬守護とありますので、スサノウを祀る神社で良いでしょう。

無題.png

境内には幾つかの祭祀があります。

無題.png
無題.png

総荒神社 カーナビ検索 仁多郡奥出雲町横田786番地


最後に余白を利用して百嶋由一郎神代系譜からスサノウに絡むものをご紹介しましょう。


無題.png

研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)


posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:11| Comment(0) | 日記

2017年12月11日

404 奥出雲の神々 12 稲原の稲田神社

404 奥出雲の神々 12 稲原の稲田神社

20170506

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


横田の八幡宮を持ち上げましたが、一般的な意味からはこの稲田神社が奥出雲町を代表する神社とされているようです。

それについての話は後にまわすとして、ここではスサノウのお妃となる櫛稲田姫(古事記)、稲田姫(日本書紀)を祀る神社として理解すれば良いでしょう。

無題.png

正面参道


 夕暮れに近づいていましたが、境内に入ると多少失望しました。

 それは、立派な社殿の神社には違いがないのですが、神社の顔である参拝殿正面が既に痛みが酷くなり、容易には修復できないのではないかと思った次第です。

 一目、大規模な寄進が行われた神社ではないかと思ったのですが案の定でした。

 個人でもそうですが、あまりにも先代が大きな家を造ると、次世代が維持費や固定資産税の重荷に耐えかねて手放すケースがあるように、地域や氏子の力量を越えて大きな社殿の神社を持つと維持が困難になる事が良くあるのです。

 ましてや、少産化、少子化、過疎化、神社への尊崇の念の希薄化(本当の事を伝えない事から信仰心が希薄になり賽銭すらも減少している)、国民の所得の低下という深刻な問題が進行中なのですから事態は容易ではないのです。

無題.png

残念なことに神殿と手水場が破れていました。境内でも見掛けましたが、この寄進については同社のHP(実は奥出雲町でHPを持つ神社には初めて遭遇しました)でも確認が取れました。

無題.png

稲田神社 カーナビ検索仁多郡奥出雲町稲原2128番地1


 無題.png祭神ですが、県神社庁の資料によれば、稲田姫命、素盞鳴尊、大山祇命 とされています(勿論、主祭神とは断られていますが)。

 この三神を考える時、稲田姫と素盞鳴尊は夫婦神ですが、なぜ大山祗命が入っているのでしょうか?

 そもそもオオヤマツミという神についてはあまり書かれていないのですが、オオヤマツミの子と名乗る神が出てきます。後に素戔嗚尊の妻となる奇稲田姫(クシナダヒメ)の父母、足名椎命・手名椎命(アシナヅチ・テナヅチ)、オホヤマツミ神の娘である神大市比売神(カムオイチヒメ)との間に大年神と倉稲魂尊(ウカノミタマ)をもうけていると…。

 多分、大山祗祭祀が入っている理由は足名椎命・手名椎命の父としているからと思います。勿論、百嶋神社考古学ではそれを否定しますが、それは後述することにしましょう。

無題.png
無題.png

同社参拝殿


 境内には目立った摂社、末社の類が認められません。

 こういった場合は非常に起源の新しい神社であるか、元々神社がなかったか、もし、あったとしても非常に小さな祭祀が存在していた程度だったのではないかと思ってしまいます。

このため、この神社がいかなる神社であったのかと言う議論に踏み込む本blogの対象とする神社では無い事からここまでとします。

 調べると、千家が宮司をされておられるとか、神紋もそうですが、どうみてもとってつけた神社に見えてしまいます。

無題.png

先にオホヤマツミ神の娘である神大市比売神(カムオイチヒメ)との間に大年神と倉稲魂尊(ウカノミタマ)をもうけていると…。書きましたが、大歳神(海幸)は彦火々出見(山幸)=猿田彦の先の夫神で、その意味では大山祗の子にはなる訳です。

足名椎命、手名椎命とは書いていませんが、一方、この系譜には櫛稲田姫の父神、母神が書かれています。実はそれが金山彦と埴安姫です。

千家の話が出ましたので、もうしあげておきますが、出雲大社の客人間以外ではあまり見かけない(他に数社発見しましたが)ウマシアシカビヒコチがあることも見ておいてください。

 そして最も重要な事は、スサノウとクシナダヒメの長子である長脛彦(ナガスネヒコ)が出雲大社の東数百メートルに置かれた出雲井神社(他には長浜神社の裏など)であり、岐神(クナトノカミ)なのです。

 この神こそが、栄えある瀛氏の金山彦とスサノウの血を引く一族で、その敗北の結果、成立しているのが所謂出雲神話なのです。なお、櫛稲田姫の産まれた場所は熊本県の山鹿市です。これについては、ひぼろぎ逍遥(跡宮)からこの二本をお読みください。

284

大宮神社と猿田彦大神 C 転載 “櫛稲田姫(クシナダヒメ)は熊本県山鹿市で産まれた! ”

283

大宮神社と猿田彦大神 B “大宮神社の地主神が大宮神社の主祭神か?” 

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:52| Comment(0) | 日記