太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png

無題.png

o0198005613264565002.png o0199005613260936971.png 無題.png

2018年02月21日

428 奥出雲の神々 34 郡村の大領神社

428 奥出雲の神々 34 郡村の大領神社

20170519

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 JR木次線亀嵩駅辺りから数キロ北に入った郡村に鎮座する神社です。

無題.png

リポートとしては最後の神社になりますが、何とも神社らしい良い顔の神社です。

初見の神社のうえに、大領神社という耳慣れない社名から始めから難航しそうとの印象を受けました。

奥まった集落、狭い道路、どうみても主流の神社ではないようですが、あまりにも情報が少なく、どのような神社なのか見当も付きません。かなり古い神社であろうことは間違いありません。

この様な時どのような方法で判別して行くかですが、今回はほとんどネット上の情報に依存する事になります。ただ、大領、少領は、九州王朝の職名であったという記憶があり、少し希望があります(後段へ)。


無題.png

社殿は質素ですが、山門付の参拝殿神殿は良い絵柄となっています。

無題.png

県神社庁の資料によれば 祭神は 伊弉諾命・伊弉冊命 とされていますが、百嶋神社考古学から見れば、偽装のように見えてしまいます。

無題.png

境内に入ってみると、いたって情報の少ない神社であり、表面的な情報以外判断できる材料が全くありません。

所謂、顔の見えない神社と言えるでしょう。それは、祭神にも現れています。

概して、琵琶湖の多賀神社の様に伊弉諾命・伊弉冊命…という当たり障りのない神名にしている背景には、基層部に差し障りのある別の神々がおられるのではないかとの印象を受けます。

鍵は、大領という奇妙な社名に在ります。直ぐに古代の職名であろう気付きました。


大領(だいりょう)

律令制における職名のひとつ。大宝令によって定められた郡司における最高の地位。四等官の長官にあたる。終身官 権大領

韓国軍の階級のひとつ。佐官の最高位である大佐に相当する。→詳細は韓国軍の階級を参照…

栃木県下野市上大領、中大領、下大領。もと下都賀郡(都賀郡)上大領村、中大領村、下大領村(一時石橋宿の一部)

石川県小松市大領中町、大領町。もと能美郡大領村、大領中村、のち浅井村、苗代村の各一部

大阪府大阪市住吉区大領 (大阪市)(だいりょう)。大阪市立大領中学校、大阪市立大領小学校の所在地

神社 大領神社、岐阜県不破郡垂井町にある神社

人名 日本の姓のひとつ。能美郡由来の氏族がある

津守氏の別称。大海神社(大阪市住吉区住吉)を参照  

ウィキペディア(20170519 0802による

そこで、大領神社を検索して見ました。


大領神社

大領神社 所在地 岐阜県不破郡垂井町宮代森下765

主祭神  不破郡大領宮勝木實命

社格等  式内小社(伝)美濃国二宮、郷社、南宮大社摂社

創建   不明、715年(霊亀元年)説あり

大領神社(たいりょうじんじゃ)は、岐阜県不破郡垂井町にある神社である。式内社で、旧社格は郷社。美濃国二宮とされる。南宮大社の摂社である。

祭神   宮勝木實(みやの すぐりの このみ)宮勝木實は、壬申の乱の際、大海人皇子(天武天皇)の命で、不破道(不破関付近)に出兵した人物。功績により、不破郡の大領になったという。

所在地  岐阜県不破郡垂井町宮代森下765 南宮大社の東、約0.5km

歴史   創建時期は不明。宮勝木實の死後の715年(霊亀元年)という説がある…


ウィキペディア(20170519 0822による


どうもピンと来ないので、敬愛する「玄松子」氏のサイトにより調べて見ると


大領神社  たいりょうじんじゃ

[岐阜旅行] 岐阜県不破郡垂井町宮代森下765  Zenrin Data Com Maps display !!

三つ巴

式内社 美濃國不破郡 大領神社 南宮大社摂社 旧郷社

御祭神 不破郡大領宮勝木實命 配祀 伊邪那美尊 速玉之男神 泉津事解之男神

岐阜県垂井町にある。垂井駅の南1Kmほどの宮代に鎮座。 当社は、南宮大社の摂社にあたり、南宮大社の東500mと近い場所にある。 参拝は冬の夕方で、陽が沈む間際。境内周囲の木々が、長く影を落とす頃。境内は広いが、何も装飾のない空間で、寂しげな雰囲気だった。当社の前に、赤く華やかな南宮大社へ参拝したせいかもしれない。創立年代は未詳。祭神は、不破郡の大領であった、宮勝木實(みやのすぐりのこのみ)。壬申の乱の際に、天武天皇に味方して不破関を守り、勝利に貢献した人物。壬申の乱後、不破郡を賜り大領となった。不破郡初代の大領である彼の事跡を慕って祭神の死後(霊亀元年、715年)、当地に祀られた神社で、当社は円墳の上にあるという説もある。 宮勝(みやのすぐり)の姓から、南宮大社の祀職であったといい、また「すぐり」が帰化人特有の姓であることも指摘されている。拝殿に巴紋が掲げられ、本殿の屋根にも巴の飾りが付けられている。たぶんこれが、神紋だと思う。境内に当社の由緒を刻んだ石碑があるが、一部、よく読めなかったので。読める部分のみ掲載してみた。が、誤読している箇所もあるかもしれない。


無題.png

ところが、敬愛する「神奈備」氏が奥出雲の大領神社を書いておられました。

無題.png

祭神 伊弉諾命、伊弉册命、速玉男命、事解男命

合祀 天照皇大神、素盞嗚命、五十猛命、月夜見命、稻田姫命、天津日高日子穗穗手見命、豐玉姫命、迦具土命

摂社 若宮神社「木花開耶姫命」

由緒 神門横の説明板によれば、創建年代は大化の改新の頃と云う。仁多郡の大豪族蝮部臣が郡家大領職にある時に、 当地から西2kmの城山(じょうやま)の峰に鎮座していた須我非神社を遷して、郡家鬼門鎮護の神として祀ったと記す。

無題.png

明治初年までは諾册神社と称していたと云う。神社名は変転を経ているようだが、祭神から逆に見るのは危険なことだが、敢えて云えば熊野神社ではなかったろうか。熊野大社とは川筋が違うので、紀の国の熊野からの勧請かも知れない。

境内の説明板によると、明治末期に桧山神社「素盞嗚命、五十猛命」を合祀したとしている。

無題.png

境内には社日神も…


冒頭で、大領、少領は、九州王朝の職名であったという記憶があり少し希望があります(後段へ)。と書きましたが、故)古田武彦氏の論文はネット上にかなり流れており、古田史学の会の「新古代学の扉」外で読むことができます。その一つ、市民の古代・古田武彦とともに 第6集 中に、

1984年 「市民の古代」編集委員会 大化の改新と九州王朝 古田武彦があります。

その郡評論争絡みの部分に大領が出て来ます。


六、「評の隠蔽」問題〈その二〉

(インターネット上の強調のための赤色表示と漢文表記は省略)

A風郡、以四十里為大郡。三十里以下四里以上為中郡。三里為小郡。其郡司、並取国造性識清靡堪時務者為大領少領。・・・凡五十万為里。

〈大化二年、改新之詔、考徳天皇、日本書紀考徳紀〉

井上光貞氏「大化改新詔の信憑性」

昭和二十六年十一月東京大学

史学会 第五十回大会 研究発表

「評」史料(井上氏『日本古代国家の研究』P388390

(1).評督領〔皇太神宮儀式帳〕

(2).笠評君〔金銅観音薩造像記、辛亥年〕(白雉二年とする)

(3).石城評造部志許妻等〔常陸国風土記多珂郡、癸丑年〈白雉四年〉〕

(4).評督凡直麻呂等(続日本紀、神護景雲元年三月丑年。庚午年籍〈天智九年〉・・・自此之後〕

(5).川内国志貴評〔僧宝林敬造金剛傷陀羅尼経願文。歳次丙戌年 ーー天武一四年か。〕

(6).那須国造追大壱那須直韋提、評督被賜、〔那須国造碑銘、永昌元年 ーー持統三年、井上氏の読みによる。〕

(7).木国氷高評〔続日本紀、天平宝字八年七月「未条。条。・・・後至庚寅論 之歳等 ーー持統天皇四年〕

(8).糟屋評造舂米連広国〔妙心寺鐘銘。戊戌年〈文武二年とする〉〕

(9).(薩末)衣評督衣君県、助督衣君弖自美〔続日本紀、文武四年六月庚辰年。〕

〈系図〉

(10).次評造小山上宮手古別君之 ーー子評督□建□別君之〔讃岐、和気氏系図〕

(11).真里子阿蘇評督 ーー角足阿蘇評督

〈朱鳥二年二月為評督改賜姓宇治宿禰〉 ーー平田麻呂

 〈阿蘇郡擬大領、外従七位上阿蘇宮司、平城宮朝廷郡司〉〔肥後、阿蘇氏系図〕(参考)

(12).倉足諏訪評督〔信濃、金刺氏系図〕(参考)

(13).〈田中卓氏による、井上氏は従がわず〉

 a高市評久米里〔和爾部系図〕

 b多々見(年魚市評督、板蓋宮朝奉斎、熱田神宮)

    〔田島氏(尾張)系図〕

c立水依評任督〔伊福部氏因幡系図、孝徳二年〕

 a日本書紀

  (1).豊国国前郡(垂仁二年、一云)

  (2).肥後国皮石郡(持統十年  696

 b続日本紀

  (1).詔、筑前国宗形。出雲國意宇二郡司。・・・(文武二年、698 三月)

  (2).大倭国葛上郡鴨君粳賣(文武四年、700 十一月)

日本書紀 ーー原則として評制の痕跡なし。(ただ例外一 後述)

続日本紀 ーー評制について記さず。特に「評→郡」の変換の詔カット。

                 評制の痕跡有り。(上の(4),(7),(9)

  共通   九州年号の制について記さず。九州年号の痕跡有り。

         「白鳳以来、朱雀以前」〈神亀元年、七二四、聖武天皇〉詔報

少し分かりやすいものから、無題.pngをお読みください。

筑紫倭国の終焉(2

九州王朝は唐・新羅の連合軍に完膚なきまでに打ちのめされ、いまは細々と点いている最後の灯火まで消えようとしています。

さて今回から、「続日本紀」の世界に入ります。引用する場合は、「続紀」としましょう。

さて大和の主は代わって、大海人皇子(天武)と鸕野姫(うの。持統)の孫である「豊祖父(文武・もんむ)」の時代です。今後は、「文武」で通します。697年に即位しました。その二年条に、面白い記事があります。

<三月(9日)、詔して、「筑前国宗形(むなかた)・出雲国意宇(おう)の二の郡司は、並びに三等已上の親(三等親以上の者)を連任する(続けて任ずる)ことを聴(ゆる)す」とのたまふ。10日)、諸国の郡司を任じたまふ。よりて諸国司らに詔して、「郡司を銓擬(せんぎ。人の才能を測って適任かどうか決める)せむに、偏党(へんとう。偏る、えこひいきする)あること勿(なか)らしむ。郡司、任にいて須(すべか)らく法の如くすべし。いまより以降、違越(いえつ。違い超える、違反する)せざれ」といふ。>(文武続紀二年条、698年)

古田先生は、次のように解説されました。

1)まず、「諸国の郡司を任ず」とあることより、これまでの九州王朝による「評」制度に代わり、大和王朝の「郡」制度を発足させる…との正式表明であることが分かる。これまでの「評督ー助督」に代わる「郡司(大領ー小領ー主政ー主張)」の任命である。原則として、九州王朝下の「評督、助督」は再任されないのだ。宗像・意宇二群を除いては…。

2)次に、「宗像・意宇二群の郡司は三等親以上のものを続けて任じてもよい」とは、明記はされていないものの、やとえば父や伯父が「評督」などであった場合、子や甥が新制度下の「郡司」になってよい…という意味であろう。前者は九州王朝に深く関る人であったろうし、後者ははるか昔の出雲王朝の後裔であったかもしれない。


「宗像・意宇二群を除いては…。」は、九州王朝にとっては裏切り者に見えますね。

最後に、「神奈備」氏が 明治初年までは諾册神社と称していたと云う。神社名は変転を経ているようだが、祭神から逆に見るのは危険なことだが、 敢えて云えば熊野神社ではなかったろうか。熊野大社とは川筋が違うので、紀の国の熊野からの勧請かも知れない。と書かれていました。イザナミは黄泉の国で死んだことになっていますが、百嶋神社考古学では、イザナギと別れた後、博多の櫛田神社の大幡主のお妃となり、ヤタガラスの母神となっているのです。

それが、百嶋神社考古学から見れば、偽装のように見えてしまいます。と前述した理由です。

以下、それに関する神代系譜を出しておきますのでご覧ください。

無題.png

百嶋由一郎極秘神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 13:03| Comment(0) | 日記

2018年02月18日

427 奥出雲の神々 33 八代の三柱神社

427 奥出雲の神々 33 八代の三柱神社

20170517

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 425 奥出雲の神々 32 で取り上げた 八代の仰支斯里 からも歩いて行けそうなところに鎮座する神社です。

無題.png

当日は折からの半島情勢急迫のためか、長閑な農村風景にも拘らず、上には雲一つない青空に航空自衛隊と思える航空機が飛び交いその飛行の痕跡を留めていました。

改めて、島根県が国境の国である事を認識させられました。

思えば迎日湾から船出すれば、いやでも出雲から敦賀に流れ着くはずなのです。

無題.png
無題.png

社殿は質素そのものですが昔はこれで十分だったのです。いつも人々が集い多くの子らが遊び集落の中心地だったはずなのです。

 その古き良き村々の一切を破壊したのが戦後世界であり、とどめを刺したのが小○竹○一派による日本の米国マフィアへの売渡しによる国民(農村)経済の破壊と国富の持ち出しであり、国民所得の半減だったのです。こんな連中を未だに持て囃す愚かな人々とは一体何者なのか…今後も希望はありません。

無題.png

さて、本殿からは三柱神社と言う社名以外何も読み取れません。

無題.png

県神社庁の資料によれば 祭神は 国常立命・国狭槌命・豊雲野命 とされています。

国常立命は天御中主命で良いと思いますが、国狭槌命・豊雲野命は特定できません。

これは、前blog 426 奥出雲の神々 32 八代の仰支斯里神社 で紹介した摂社の三柱神社です。

無題.png

つまり、仰支斯里神社も元は、この三柱神社であった可能性を否定できないのです。

そして、恐らく、こちらがさらに古層の神様なのです。祭神をそのまま真に受ける方はそれで構いません。では、この三柱の神が何かを探るためにも、境内摂社を観る事にしましょう。

無題.png
無題.png
無題.png

三柱神社が外に置かれていたら神殿にはどなたがおられるのでしょうか(上)いつもの社日神ですね(下)

無題.png
無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年02月15日

426 奥出雲の神々 32 八代の仰支斯里神社

426 奥出雲の神々 32 八代の仰支斯里神社

20170517

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 425 奥出雲の神々 31 で取り上げた馬馳の八幡宮 からもそう遠くないところに鎮座する変わった名前の神社です。

無題.png

仰支斯里(カミキリ)神社正面


 何とも不思議で奇妙な社名からネットを浚うと、無題.png氏が書いておられました。


島根県の奥出雲町にある「仰支斯里神社」を訪ねました。

奥出雲町には素戔嗚尊と八岐大蛇の伝説が数多くあります。

この仰支斯里神社は素戔嗚尊(スサノオ)を主祭神としてお祀りしています。「仰支斯里」と書いて「カミキリ」と読みます。普通には読めません。

素戔嗚尊が高天原から出雲の地に降りて来た時に髪を切ったという伝説があるので「カミキリ神社」だと言います。

なぜ「仰支斯里」と書いて「カミキリ」と読むのかと言えばこれは謎ですが、ここの神社の宮司さんの推測では、先ずは「髪きり」の「髪」の字を分解して「髟友」と書き、さらに「きり」を仮名文字で「期里」と書いていたものが、書き写していく段階で崩し字で書いていたので、「髟友期里」を「仰支斯里」と誤って写したのではないかと言います。

「髪きり」

  ↓

「髟友期里」

  ↓

「仰支斯里」

名前を表す漢字はとても不思議ですが、スサノオのエネルギーを感じる素敵な神社です。

でももしかするとただの誤写ではなく、その「仰支斯里」という文字には何か特別のスサノオの「言霊〜ことたま」が隠されているのかもしれません。漢字には不思議な力が宿ります。

私は自由に空想を膨らませます。


 中々、宮司に逢えない時代ですので、非常に有難い情報です。

 草書体と言うか、崩し文字が一般的だった時代は略字が同字に見える例が頻発しますので、ありえない話ではないですが、一般には納得できないレベルでしょう。

県神社庁の資料によれば 祭神は 天狭霧神 とされています。

敬愛する玄松子氏を参考にすると…

無題.png

とありますが残念ながら要領を得ません。

無題.png

神社側の説明文です

無題.png

素晴らしい顔の神社です


無題.png

再掲 県神社庁の資料によれば 祭神は 天狭霧神 とされています。祭神不明のため先に境内摂社などから考えて見ましょう。

無題.png
無題.png

不明の天狭霧に山乃神(恐らく大山祗でしょうから)が関係している事は間違いないでしょう。

それは神殿の床下に産土もしくは石持ち神事に通じるものを見た時にそう感じました。

無題.png

参道右手に稲荷社と思える脇参道が延びていました


現段階ではお手上げですが今後も調べる事にします。

無題.png

百嶋由一郎最終神代系譜(部分)


研究目的で百嶋由一郎氏の講演の音声CD、神代系譜、手書きデータを必要とされる方は、09062983254までご連絡ください(随時)

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記