太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久

はじめに


すでに、当方の「ひぼろぎ逍遥」がオンエアされていますが、九州王朝論の立場から、より「百嶋神社考古学」へとシフトした神社研究の古層を探るものとして新たなブログを継続しています。


これにはプロバイダーを含め何時情報封殺が行われるかも知れないため、最低でも複数の発信媒体を準備しておくべきではないかと考えているからでもあります。


今後ともかなり突っ込んだ内容で書いて行く言わば奥ノ院にしたいと考えています。


綾杉るな女史によるblogひもろぎ逍遥に対抗しようという意図はないのですが、華麗なひもろぎ逍遥に対して、緋色のボロ着で、神籬=ひもろぎ(ひぼろぎ)を逍遥=彷徨い歩き、神社を探るというほどの意味で、「ひぼろぎ逍遥」を随時書いて行くことにしたものです。ただし、「ひもろぎ」も「ひぼろぎ」も同一の意味で、「かむりつく」「かぶりつく」、「ねむたい」「ねぶたい」、「つむる」「つぶる」・・・とM音とB音が入れ替わっても全く意味が変わらない言葉が日本語には沢山あるのです。これは、基本的には呉音と漢音の対抗を意味しており、これ以外にも、N音とD音の入れ替わり現象、濁音の清音化現象なども認められます。


 さて、現在、ひぼろぎ逍遥とひぼろぎ逍遥(跡宮)との合計のアクセス数は日量10001200件(年間4045万件)まで上がっています。


 同時に、連携する研究者によるblog20近くまで数を増やしており、全体では最低でも年間100150万件近いアクセス数を持っているものと思われます。


 当blogには九州王朝論から百嶋神社考古学へと向かわんとする多くの研究者、記録者、bloger…が参集されています。


 年に10回、10年でも高々100回程度の研究会でも大半は教育委員会関係者から学芸員といった利権まみれの方々通説を拝聴し心服するような、研究者亡き研究会は全く何の価値もないものと考えており、そのようなどこにでもあるような話を好まれる方々は、そこら辺りの既存の郷土史会、史談会に行かれ、村興し、町興し、世界遺産登録に拍手を送り、思いっきり尾を振られれば良いでしょう。


しかし私達は後ろ指を刺される様な探究に踏みとどまり、これまでの歴代の行政権力が隠し続けた真実の歴史の探求へと向かう人々への道標と成ろうと思うものです。




無題.png

無題.png読者の皆さんに…真実の神社研究へのご支援を…


太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久




ひぼろぎ逍遥、ひぼろぎ逍遥の読者の皆様、また、グループのブログをお読みの皆様、暑い中、丹念無題.pngにお読み頂き有難いと思っています。


 古田武彦が亡くなり、また、百嶋由一郎氏が亡くなり数年が流れました。


 当初、貴重極まりない百嶋研究の一部でも残せないだろうかと考え、手書きデータや神代系譜文書のDVD化、音声データの保存、複製、宣伝という作業を続けて来ました。しかし、単にデータの保管、配布の体制を確立するだけでは継承ができないと考え、blogで百嶋研究の説明、現場実調を徐々に進め公開してきました。この結果、全国にも理解者が増え始め、神社研究ではなんとか特異な勢力を形成できる所まで漕ぎ着けました。


 既に、百嶋研究の一部でも接点を持った全国の二十五人を超えるブロガーが独自の側面から研究を進めておられますし、ブログは書かないまでも、神社調査を行い記録を残している方もおられます。


 勿論、統一性は取れてはいませんし、なかなか難解な内容だけに、解明できない問題についてはメンバーの若い世代に託すことになるでしょうが、なお不明なものは後世の研究者に期待する事に成るでしょう。


 百嶋先生と知り合いになったのは七年ほど前だったと思いますが、もしも後数年生きておられたならばもう少し古代、神代の謎を継承できたかも知れません。しかし、未熟な者だけで作業を行わざるを得なかった事から今尚皆さんにご迷惑をお掛けしているものと理解しております。


しかし、私達の能力を考えれば、むしろ上出来といったものかも知れません。


さて、メンバーの背骨を形成している中心的思想とは、当然にも九州王朝論です。


 百嶋先生も“私も九州王朝論が分かっていない人に神代史を教えても意味がないし、教えたくないですね…”と言われていた事が今でも耳に残っています(吾は百嶋由一郎の面受の弟子なり!)


さて、四月の近江〜但馬、五月の糸魚川〜諏訪〜山梨、六月の青森と15日間づつ三度に亘って長躯の神社調査を行いました。


ぶっ続けで調査すれば良さそうですが、落ち着いてリポートも書かなければならず、研究会のスケジュールもあってそういう訳にも行かず、各々3,0004500キロの往復の調査とならざるを得なかったのです。


今後も、三重、和歌山、岐阜、福井…と、よりきめ細かい調査に入るつもりですが、もはや資金が底を尽きつつあります。


元々、福島の原子力災害辺りから、これ以上行政機関に留まりたくないとの思いが募り、後先き考えずに58歳で早期退職した事から(当時上の娘は大学に在学中だったのですが)年金と言ってもギリギリ暮らせる程度の物で、なんとかここまで働かずに神社調査を行ってきましたが、既に限界点を越え始めたようです。事実、当会は研究を優先するためメンバーから会費を取る事なく僅かな参加費で運営しています。


人手不足の時代、まだ、働こうと思えば職はあるはずですが、拘束時間が長くなれば、研究を進める事ができないまま人生の終末期を迎える事にもなりかねず、できるだけ体力がある間に遠距離の調査に入りたいと思っています。このため、出来る事ならばこのまま神社研究に専念したいものと考えています。


基本的には年金生活で何とかやっていますので、月額であと二〜三万増やせれば、車の維持、車検、保険、介護保険料、研修所の維持、研究会の組織化、ネット規制に対応するためにもう一つ別の発信のためのサイトの準備……と増加する負担にも対応できるのではないかと考えています。


今後、研究内容を保全するためにも、外付けハード・ディスクをタイム・カプセル化して鍾乳洞に保管する(太陽フレアによる磁気データの消失への対策)とか、研修所の維持、後世に残すためにユーチューブ化してオンエアするなど新たな作業に入る必要も生じており、もし可能であれば、通説とは全く異なる百嶋神社考古学の保護と継承のためのご支援をお願いできないかと考えています。


無題.png



年間一口2000円以上の任意の百嶋神社考古学研究会の支援会員となって頂ければ、九州においでになった際に会員待遇として温泉付き研修所に一泊お泊めできます。九州での神社調査の拠点として活用下さい。


振込用の銀行預金講座、郵便貯金番号は以下の通りです。


 大分銀行 若宮支店 000093−7505802 フルカワ キヨヒサ


 ゆうちょ銀行 店番 778 預金種目 普通預金 口座番号 1165562 氏名上に同じ


また、もし差支えなければ、以下のメールにお名前と住所と電話番号を以下のメールに送信して頂き、カンパした旨の連絡を頂ければ、神代系譜のDVD(既にお持ちの場合はそれに代わる音声データなど)をお送りできるものと考えています。


 携帯のメール・アドレス ariakekai@ezweb.ne.jp携帯 09062983254 (常時対応)


無題.png


無題.png



2018年09月24日

499佐賀県唐津市浜玉町にも武雄神社がある

499佐賀県唐津市浜玉町にも武雄神社がある

20171126

太宰府地名研究会 古川 清久


 佐賀県武雄市の武雄神社と言えば武内宿禰の父神を祀る神社として良く知られます。

武内宿禰そのものを祀るとする黒男神社などと併せ考えれば、宇佐神宮にも黒男神社としてあるように、九州島だけでも相当数の武内宿禰系神社が拾えます。

 この佐賀県武雄市にある武雄神社は、武内宿禰の母神にあたる山下影姫を単独で祀る黒尾神社が同市の黒尾地区を始め、武雄市武内町にも数社ある事から、まず、この地で武内宿禰が産まれた可能性も含め、濃厚な地域である事は間違いないでしょう。

 少なくとも、山下影姫を祀る神社は九州島(他には佐賀県基山町や福岡県など)にしかなく、母神を祀る神社が全くない和歌山県が武内宿禰の出身地であると言う話は、「邪馬台国畿内説」などといった利権絡みの大嘘を信じる連中が創り出した偽装でしかなくほとんど漫画にしか見えません。

 “学会通説に沿った教育委員会関係者や学芸員の話だけを鵜呑みにせずにきちんと調べろ!”と思わず言いたくなってしまいます。

 さて、武内神社が島根県松江市にもあるのですが、この問題には踏み込まず、ここでは同名の武雄神社について触れてみたいと思います。

無題.png

ところが、佐賀県でも玄界灘側の唐津市の七山村の西隣の浜玉町に武雄神社があるのです。

 この奇妙さは北部九州におられる方でなければお分かり頂けないとは思います。

初めてこの事実を知ったのは十五年程前だったのですが、2018年から福岡県旧二丈町〜佐賀県旧七山村一帯の神社のトレッキングを行なう事から下調べをしていて思い出し、一応、ブログとして書き留めておこうと取り上げることにしました。


無題.png
無題.png
無題.png

境内に置かれた同社縁起


境内社として八天宮、秋葉社があるとのことですが、も共に金山彦を祀る神社です。

近世の勧請神社である事から間違いないようです。

 では、百嶋神社考古学が武雄神社の主神の武雄心命を誰と考えているかをお話ししておきましょう。

 無論、通説とは異なります。

無題.png

百嶋由一郎金神神代系譜


話が混乱しますが、始めに申しあげた屋主忍男武雄心命と山下影姫との間に武内宿禰が産まれているという話はあくまでも通説によるものでしかありません。

百嶋神社考古学では8代孝元天皇と山下影姫との間に産まれたのが大彦の弟の武内宿禰であって、武雄心命は長脛彦の流れをひいた甘美内宿禰の父とするのです。

従って金山彦の子である長脛彦(珍彦)の血をひいた可能性のある武雄心命を祀る神社(この武内神社であり、百嶋先生は「タケオゴリ」と読むべきと言われていました。…これは別に書く必要がありますが、ここでは省略します)の境内社として八天宮、秋葉社=金山彦がある事が良く分かるのです。

逆に言えば佐賀県武雄市の武雄神社の表面にはその痕跡を留めておらず、肥前でも天領であったこの地の武雄神社にその痕跡を留めている事に静かな感動を覚えるのです。

ただ、この辺りの問題は最も難しい部分で、百嶋先生は容易に書いておられるように見えますが、その背後には想像を絶する苦労がおありだったものと理解しています。

私達は全てをお聴きしている訳ではないため、可能な限りフィールド・ワークを行い裏どりをし少しずつ解決へのもつれた糸をほどいてはいますが、まだまだ、全く到達していません。

無題.png
無題.png

百嶋由一郎金神神代系譜


研究目的で百嶋由一郎氏の資料を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月21日

498 大分県豊後大野市への神社探訪 “朝地町綿田の俵積神社”

498 大分県豊後大野市への神社探訪 “朝地町綿田の俵積神社”

20171108

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 次に向かったのは朝地町綿田の俵積神社でした。

 舘雲見神社がある朝地町朝倉集落から山に向かって県道209号線上の綿田集落の鎮守です。

無題.png

今回は比較的楽に現地が発見できました。

 綿田公民館から山に延びている山道を少し入ると社殿が見えて来ました。

 しかし、そこは参拝殿か集会所風のもので、本当の社殿は道を挟んだ反対側にありました。

無題.png
無題.png
無題.png
無題.png

俵積神社 カーナビ検索大分県豊後大野市朝地町綿田761


 一気に境内を見て頂きましたが、山門持ちの立派な神社であり、小さな集落でありながら良くこれだけの神社を造る事が出来たものだと感心します。

 戦時下から終戦直後までは人口も多く、山村でも都市よりは食料も豊富で村は豊かだった事が良く分かります。

 そもそも綿田とは海人族を思わせると同時に、綿作りは由布の繊維(苧麻)生産を思わせます。

 また、俵積神社とは縁起の良い畑作中心の朝地一帯にしては、平井川流域の穀倉の開発による豊かさがこのような山中にも立派な社殿が築けたように思えます。

 また、祭神に入れ替わりがある事も、複数の氏族の共存を思わせます。

 少なくとも、境内に置かれた金毘羅社は百嶋神社考古学では阿蘇草部吉見(海幸彦)と宗像の市杵島姫との間に産まれた大山咋神であることから阿蘇氏の進出も思わせます。

 してみると、後段で触れますが湯布院の宇奈岐日女神社に肝心の宇奈岐日女が表に出されておらず、阿蘇系の神々が見え隠れしている事と、宇奈岐日女を奉斎していた人々がどうなったのかは興味深いテーマでした。

その一端を掴んだような気もするのですが、思考の冒険が過ぎるかも知れません。

無題.png

いくつもの社殿が建てられており、それだけでも驚かされますが、この階段にしても、真ん中に板石が、周りに川で手に入れた玉石が敷き詰められ贅沢な造り方がされています。

無題.png

さて、幸いにも由来書がありました。

 しかし、元宮と現宮の意味が判然としません。

 クライナタマとウケノモチとは同一神だと思うのですが、我々の理解では伏見稲荷であり伊勢の外宮の豊受大神と同一神になるのです。

 明治期の旧郷社の段階では宇奈岐比古、宇奈岐比売が祀られているのが奇妙です。

 そもそも、湯布院温泉の名社である宇奈岐比売神社の事が頭に浮かんで来ます。

 ただ、当の宇奈岐比売神社には表向き宇奈岐比売が祀られておらず、もしも、湯布院からその奉斎氏族が逃げ込んでいるとすると話が旨いのですが、宇奈岐比売神社の謎の一端が見えた思いがします。

これについては、ひぼろぎ逍遥(跡宮)138 湯布院温泉と言えば宇奈岐日女神社 @  “宇奈岐日女は隠された!”以下@〜Bをお読み頂きたいのですが、無論、根拠あっての話ではありません。

ただ、このような山中の僻陬の地に人々が住み着くにはそれなりの理由があっての事だと思うべきで、そこに同一の神が祀られているとするならば、このような考えは、一応、許されるのではないかと思うのです。

いずれにせよ、郷社クラスの神社はその地域の大社であり、それなりの歴史を持っているはずなのです。

もう少し聴き込みをしてみようと思います。

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年09月18日

497 大分県豊後大野市への神社探訪 “朝地町朝倉の舘雲見神社”

497 大分県豊後大野市への神社探訪 “朝地町朝倉の舘雲見神社”

20171108

太宰府地名研究会(神社考古学研究班) 古川 清久


 これも旧朝地町役場から五キロほどの朝倉集落の神社の話です。

 近くまでは行けたのですが、道が狭く悪いため引き換えし、地元の方に再度確認しようやく辿り着けた神社です。

無題.png

この「朝倉」という地名は全国に40ケ所は拾えるもので、南の宮崎県西都市辺りから北上し全国に展開した熊襲(実は大山祗命を奉斎するトルコ系匈奴)系の人々が住み着いた痕跡地名と理解しています。

無題.png

“熊襲(実は大山祗命を奉斎するトルコ系匈奴)系の人々が住み着いた痕跡地名”としましたが、この意味は、元々、大幡主系と言うか白川伯王系と言うのか、熊野系氏族の集落に実権を持つ熊襲系の支配が被さっていったのではないかという意味で、元々、この一帯は雲見という地名に表現される「雲見」(ウン、イン、エン+見=地名語尾)であり、本来は、忌部=卜部=陰陽師=殳(エンノオズノ)、瀛(イン)…といった白族系の地名であろうと思いますし、事実、この地の南西に白岩山がある事でもある程度の見当が着くのです。

無題.png
無題.png
無題.png

さて、顔の見えない神社が多い中で、この神社に関しては立派な由緒書きが掲示されていました。

イザナギ、イザナミが夫婦神として併記されている事から単純に熊野系とは言えないように見えます。

 熊野神社ではイザナミだけが祀られておりイザナギは排斥されているからです。

まず、大歳神は阿蘇の草部吉見神の事でありこの一族から藤原氏が登場するのです。

 また、事解之男命は金山彦であり、火之迦具土神(ホノカグツチ)の事なのです。

 重要なのは磐長姫命が祀られている事です。

これについては、ひぼろぎ逍遥(跡宮)020 細石神社とは何か? でこのように書いています。


目立たないものの、強烈な存在感を示すこの旧村社の祭神は、「磐長姫」と「木花開耶姫」(「姉妹」)とされ、一般には、ニニギの妃にと奨められたものの、返された方の不細工な姉と美しい妹といった無礼極まりない、また許しがたい話が平然と「記」「紀」その他に伝えられ、多くがそのまま受け入れそれで安心しているかのようです。
この安心によってか、「磐長姫」が何者かについては全く問題にされていないようです。
しかし、百嶋神社考古学ではこの「磐長姫」を天之日矛(後のスサノウ)と別れ新羅から舞い戻って来た比賣碁曾(ヒメコソ) 神社の祭神 阿加流比賣(アカルヒメ)とします。
直ぐに「時代(5世代)が全く違うじゃないか」といった罵声が飛んできそうです。
もちろん、普通はそうですから、このことについて一切抗うつもりはありません。
ご覧のとおり、アマテラス、スサノウからイワナガヒメ、コノハナノサクヤヒメは二代下がり、おばあさまと孫の関係になるからです。

…中略…

スサノウはオオヤマツミとオオハタヌシという有力者同士の間に生まれたプリンセス=ミズハノメの入婿になり、オオハタヌシとイザナミの間に生まれたヤタガラスの実の妹アカルヒメへの入婿になっているのです。

ところが、ややこしいことに、アカルヒメの兄のヤタガラスはコノハナノサクヤヒメの実の姉のミズハノメの入婿にもなっているのです。

とすると、廻り廻ってミズハノメを介してコノハナノサクヤヒメはアカルヒメの義理の妹ということになるのです。

分かりにくいのですが、百嶋先生は、イザナミがイザナギと別れ大幡主の妃となっているという事実に筑前町(旧夜須町)の某神社の実見によって気付かれたことからアカルヒメの変名がイワナガヒメであるとされたようです。

イザナミが再婚していることなど神代においても(勿論現代においても)、タブーであったことから名を替えるのであり、その実例が2014年「国宝大神社展」の表紙になったクマノフスミノミコト(熊野牟須美神=熊野大社の主神)が大幡主の妃(博多の櫛田神社の祭神)となったイザナギの妃=イザナミの後の姿なのです。

ちなみに、イザナミの娘であるイワナガヒメは熊野本宮大社の主神となり、父である大幡主は熊野那智大社の主神となっているのです。

一度聞いても一度読んでも分かる話ではないので、再度、考えてみましょう。

スサノウは新羅の王子様ですが、アカルヒメは「祖国に帰ると」言っていますから、当然ながら新羅の人ではありません。

「そもそも、私はあなたの妻となるべき女ではありません。私の祖国に帰ります。」

そう言うと、すぐに秘かに小船に乗って、海を渡って逃げてしまいました。(「ひもろぎ逍遥」)

イワナガヒメは、博多の大幡主と伊邪那美(金山彦の妹で伊弉諾と別れた後は名を替えてクマノフスミ)の間に生れたヤタガラスの妹です。

ところが、スサノウは、オオヤマツミと大幡主の妹ハニヤスカヤノヒメとの間に生れた神大市姫=ミズハノメの入婿にもなっています。

ところが、アカルヒメの弟ヤタガラスは、ミズハノメの入婿にもなっているのです。その上にヤタガラスはニニギと別れたコノハナノサクヤの入婿ともなっているため、コノハナノサクヤヒメにとってアカルヒメは義理の姉になり、コノハナノサクヤヒメとアカルヒメは血の繋がりのない義理の姉妹となるのです。

ニニギがイワナガヒメを返した話が本当かどうかは分かりませんが、大幡主にとってアカルヒメは実の子であり、同時に自分の妹であるハニヤスカヤノヒメと有力者オオヤマツミの子であるコノハナノサクヤヒメを実の娘扱いにしたのはありうることなのです。

もし、この結婚が実現していれば、大幡主を軸に、オオヤマツミ、金山彦(カナサオオカミ)=後のスサノウ系、高木大神(ニニギの父)系の大連立政権が成立することになったはずなのです。

それを高木大神が嫌ったと考えるのですが、まだ、良くわかりません。

ここでは、アカルヒメの素性を隠すためにイワナガヒメと名を替えた可能性があったこと、イワナガヒメはスサノウが船で追いかけるほどの女性だったのであり、意図的に貶められている可能性がある事を頭に入れてもらいたいと思うのです。

熊野速玉大社は、和歌山県新宮市新宮1にある神社。熊野三山の一つ。熊野速玉大神と熊野夫須美大神を主祭神とする。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)は和歌山県田辺市本宮町本宮にある神社。熊野三山の一つ。家都美御子大神(けつみみこのおおかみ、熊野坐大神〈くまぬにますおおかみ〉、熊野加武呂乃命〈くまぬかむろのみこと〉とも)を主祭神とする。

熊野那智大社は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。熊野三山の一つ。熊野夫須美大神を主祭神とする。かつては那智神社、熊野夫須美神社、熊野那智神社などと名乗っていた。

熊野は一社のみ実見では自信がありませんが、百嶋先生は十分お分かりのようでした。

アカルヒメがイワナガヒメとした場合、コノハナノサクヤヒメとは姉妹とは一応は言えることを長々と説明しましたが、では、なぜ、イワナガヒメがアカルヒメであると言えるかについては、まだ理解できてはいません。

無題.png

この集落の性格が多少は見えて来たのではないかと思いますが、やはり重要なのは磐長姫命を祀るということでしょう。

 この集落が存在した上に後に大山祗を奉斎するトルコ系匈奴=熊襲が進出し、金山彦系を排除した事から、スサノウから離れたアカルヒメ=磐長姫命(このためにアカルヒメと名を変えたのですが)を祀っていることに、金山彦系、大幡主系、朝倉地名を持ち込んだ大山祗系の神々がバランスを取って祀られている事が見えるのです。


研究目的で百嶋由一郎氏の資料を必要とされる方は09062983254までご連絡下さい

posted by 久留米地名研究会 古川清久 at 00:00| Comment(0) | 日記